たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・11/21

やばい、脳みそのハードディスクが劣化してる。
DVD化、プリーズ!!

(9年経てば記憶が薄れるわよね・・・)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「99回外しても、平然と100回目を蹴る。そういう精神構造でないとやっていけない」

おぉー、かっこいいなー。
これは、サッカーJリーグのクラブチーム、横浜FCに所属するFW・三浦知良さんの言葉です。
やはり、競争の厳しい世界を生き抜くためにはですね、図太さが必要なんではないでしょうかと。

ええ。図太さね。確かに。もう僕もいろいろやってきましたが、いっぱい失敗してますけども、意外と失敗を認めてないですね(笑) 確かにそうかもしんない。
舞台でもあったね。ミュージカルでもあった。あのね、「WEST SIDE STORY」でもあったね。「Cool」って曲でいきなりなんかしんないけど、2番から歌い出しちゃって。最初1人で歌うんだけど、2番から出ちゃって。
でも、お客さんは気付いてる人もいると思うけど、お客さんには分かんない。そんで、どうだったっけな?1番歌ったら、すぐ2番だったの。でも、2番から歌っちゃって。で、また2番歌ったの。同じこと繰り返したわけ。
でも、大野智、そこは気持ちでやっつけてやりました。2番は最初歌って、ちょっと自分では「やべえ」って思いながら歌ってて。で、次、1番もってけないんだよね、どう考えても。だから、もう1回2番歌うしかなかった。歌いながら思ってたの、それを。「もうこれは、もう1回歌うしかない」と思って。
で、出演者もステージ上にいて空気で分かったわけ。「あれ?間違えてね??」みたいな。で、もう1回2番歌ったときに何をしたかっていうと、すっごい気持ち入れて歌ったの(笑)

(栗ちゃん爆笑)
同じこと繰り返してるけど、お客さんには「気持ちで変えてんだ、これは」。そう思わせたつもりだけど。ねぇ。図太いでしょ(笑) そういうことはよくやるね。ええ。いや、でもあれは思い出だね。
でもね、その後、終わって他の出演者に聞いたら、「間違えたよね。でもなんか良かった」みたいに言われたことあった。ええ。まぁ、これからもね、失敗を気にしないでいきましょう。
以上(笑)、大野智でした!

(BGM「Hit the floor」)



いやー、今日はずいぶん懐かしい話が出ましたね。「WEST SIDE STORY」(以下、WSS)。9年前ですよ。
私は予備知識がないまま観に行ったんで、間違いがあっても気付かなかったと思います(^_^;
そうか、2番を2回歌ったか。そんな日もあるよね(ないよ)
かえって堂々と歌ったのが良かったのかも。気持ち入れて(笑)


すっごい余談ですが、「WSS」観に行った当時、「ドラクエⅧ」が発売されて間もない頃だったんです。
モンスターのチームを2つ作るイベントがあって、チーム名をつけることになったんですね。
私、迷わず「ジェット」「シャーク」って名付けました。それ以外の名前が思いつかなかったし、他に何があるっていうんですか(笑)
そのうちスマホ版の「ドラクエⅧ」がリリースされることになってプレイする気満々なんですが、そのときも「ジェット」「シャーク」ってつけるつもりです。9年経っても他の名前が思いつかないっていう(笑)
・・・あっ、「やま」「かぜ」でもいいか。ううむ。