たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2/11

安かろう悪かろう。

(ワタクシがかつて一人旅して経験したこと。二度と嫌だ)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「旅は道連れ世は情け」

世は情け。うん。
これは、旅をするときに道連れがいると心強いように、世の中を渡っていくには人情を持って仲良くやっていくことが大切だという意味のことわざです。

はぁ。まぁ、旅するときはね、仲間がいると楽しいですよね。
でも、この間、知り合いに本渡されて。「これ絶対、大野くん好きだと思うから読んでみて」って。一人旅の本かな。うん。なんか、なかなか踏ん切りつかず不安でいっぱい。でも、いざ行ってみたら以外と楽しいな、みたいな。そういうのよくあるよ。だから、やっぱそういうの読むとね。
この間は家族で行きましたけどね。仲間、友達と行ったことありますけど、一人で行きたいね。うん。全然行けるタイプなんだよ、たぶん。一人で全然寂しくならないから(笑) だからね、去年の夏にニューヨーク行かしてもらったときに、夜はショーを見るって言って。で、昼間はね、予定がないんですよ。フリーだったんだけど、そこで一人でプラプラしたのがものすごい楽しかった。
まぁ、もちろん日本人の方が少ない所で帽子も何も被らず、一人もバレずで。一人で歩いてるだけで楽しかった。これやっぱ面白いなと思って。うん。その印象があるからね、ちょっとまぁ今年は無理かもしれないけど、もうちょっと歳とったら一人で旅すんのも趣味の一つとしていいなぁとは思いますね。うん。
やっぱ久々本読んだけど、いいね。面白い。旅の本とかね。そうだね、もっといろいろ読んでみたいから、リスナーの方、「これオススメだよ」みたいのをね、ちょっと募集しましょう。それと実体験でもいいですね。うん。聞いてみたいね。一人旅したことある人のね。うん。それをいろいろ読むとね、こっちもイマジネーションが働きますので、是非とも皆さんよろしくお願いします。
以上、大野智でした!

(BGM「駆け抜けろ!」)



一人旅、いいですよ。
とはいうものの、一人旅したのは数回だし、最後に一人旅したのは十数年前だったりして。
結婚してから一人旅はしてないですねー。それでもいいもんはいいのです。
というわけで、大野くんに強くお勧めしたいですね。「一人旅はいいぞー」と。

一人旅の実体験ねぇ・・・。今でも忘れられない出来事があるんだな。
ラジオに送るには「うーん」な内容なので、ここに書いておこう。

14年前でしたか。とある所を一人旅したんです。
(これから書く内容があんまりいいことじゃないので、場所は伏せます)
ホテルを旅行雑誌で探してて、お手頃な値段だったから予約したわけね。

実際にホテル行ったら、周囲は風俗店だらけでして。
昼間はいいとしても(でもよくない)、夜になると妙にギラギラした通りになるわけです。その一角にホテルが建ってる。
(注:ラブホテルではない。ビジネスホテルです)

夕方、用事があってホテルから外出したんです。
夜になって戻ったら、風俗店のネオンがギラギラしてたのね。
その通りを歩いたら絶対変な人に捕まると思ったし、なんか怖いから避けてホテルまで行ったのよ。
そしたらホテルの前には、たくさんの女性が集まってるのよ。ホテルの中に入ってく男性を今か今かとギラギラした目で待ち構えてる。
たぶん、「売なんとか」ってやつなんだろう。うん。もしくは「娼なんとか」。
私が通ったら「チッ、女かよ」みたいな顔されたわ。悪かったよ、女で。もし私が男でも、アンタなんか買わんわ!!(やめなさいっての)

これで私が学んだのは、値段だけで決めちゃダメだってことね。まさに「安かろう悪かろう」ですもん。
あとは周辺に何が建ってるかもリサーチするのも大事だと思った。
風俗店が建ち並んでる辺りには泊まりたくないですね。もう二度と・・・(^_^;
(経験して学んだと思えばいいんでしょうけどね・・・)