たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2/8

国民的アイドルのリーダー、過去の悪行を懺悔するの巻。
(やめなさいっての)

おはようございます。嵐の大野智です。
毎週金曜日は、頂いたメッセージにお答えしていきます。

まずはじめは、千葉県のアイリさんから。
「おじいちゃんからコイを貰って食べたのですが、そのとき初めてコイが食べられることを知りました。
智くんはコイを食べたことありますか?」

あぁ。そう、何年か前にね、テレビでコイを釣るんじゃなくて、潜って手で捕るっていう専門の人がいて。跡を継ぐ息子だったっけな?そのドキュメンタリーみたいなのやってたんだけど。そんで掴んで。あれ確か刺身で食ってたよ。俺もね、そこで初めてコイって食えんだって思って、食ってみたいなとは思ったけどね。
見た目はね、馬肉みたいな感じだったけどね。歯応えありそうだったよ。いや、食べたいね。食べたことない。ブラックバスは食ったことあるけど。バター焼きにして、美味かったです。

続いて、東京都のダンスウーマンから。

「私は大野くんの振り付けが大好きです」
ありがとうございます。
「大野くんは男性の振り付けはしますが、女性の振り付けもするのですか?男性向け、女性向けの振り付けは何かポイントがあるんですか?」
はぁ。いや、あんまり考えたことないな。女性に振り付けしたこと、京都時代にちょっとあったかな?
でもね、僕はね、女性が男っぽく踊る人好きですよ。好きというか格好いい。女性が女性っぽく踊るのは美しいけども、その逆もやっぱ格好いい。でも、男の人が女性の振り付けやると、やっぱ若干気持ち悪くなるよね。うん。
さとこちゃん?やだ、汗かいてあのメイクが落ちるの(笑) さとこちゃんでやったらね。
いや、でもね、あんまりこだわってないですけどね。ええ。まぁ、いつかちょっと嵐にね、女性向けの振り付けでも付けて踊らそうかな♪(笑)

続いて、さいたま市のノリーちゃんから。

「「ワイルドアットハート」で歌い出しですぐにハンドマイクをスタンドマイクにはめ込むところで、なかなかはまらず振り付けに出遅れて苦笑している大ちゃんを何度か見ました。
実はスタンドマイクにはめ込むことが苦手ですか?」
(※笑いながら読む)
正直に言おう。本番だけ苦手だ。リハではミスらないんだよ。本番でどうしてもミスってしまう。よく見てるね、ノリーちゃん。

続いて、シオリさんから。
「私の職場は自宅から約5キロの所にあり、毎日自転車で通っています。毎日ヘトヘトなんですが健康のために頑張っています。
大野くんは最近自転車には乗りますか?また、小さい頃の自転車の練習とかでハプニングとかありましたか?」

あぁ。どうやって乗れるようになったんだろうな。確かね、補助輪1個にしてとかでね。それをよくやって。でもね、ホント、僕、小っちゃいとき団地に住んでたんだけども、あそこの家の前とかでずーっとやってたの覚えてるね。うん。
ごめん、僕も頭の中の想像だけで喋っちゃったから、「あそこ」とか言っちゃったね。うん。とかね。
で、その団地周りをね、一人のおばさんがね、団地に住んでない人なの、たぶん。住んでなくて。団地周りを朝から夕方まで、ずーっと走ってる人がいて。当時、子供だったから「なんでずっと走ってんだろう?」って追っかけ回したりしたの。で、どんどん気になって、「1回隠れて水鉄砲撃とうぜ」って話になって。撃ったら睨まれたっていう。ええ。
もし、このラジオ聞いていたらホントにすみませんでした。いや、でも、すごい体力だなと思いました。以上です!

ということで、毎週金曜日は頂いたメッセージにお答えしていきます。メールでお待ちしています。たくさんのメッセージお待ちしています。
ではまた来週。大野智でした。

(BGM「ワイルドアットハート」「ファイトソング」)



ちょっと一言よろしいかしら。

何してんねん!!
(※何故か関西弁)

「水鉄砲撃とうぜ」じゃないでしょうが。やめなさいよ。
まぁ、ちゃんと謝ってるからいいんですよ。もし「俺の武勇伝だぜ」ってどや顔して嘯いてたら嫌だわ。

嵐さんが女性っぽい振り付け、やってほしいですね~。
たとえば何かの新曲でそういう振り付けやったとしましょう。それでMステ出たら笑いが絶えないよ(笑)
是非、そういった振り付けを考えてほしいですね。

あ、そうだ。例によってラジオと関係ない話なんだけど。
昨日だか一昨日の新聞に「レ・ミゼラブル」の広告が載ってまして。
(※帝劇のミュージカル。映画ではない)
誰が出るのかなーって眺めてたら、かつて「WEST SIDE STORY」でマリア役を演じた和音美桜さんの名前があってビックリ!
そして思い出すのは、大野くんがマリアのことが好きだったことなのよね。かなり気に入ってた印象があって。
「マリアが羨ましいぜ、こんちきしょー!」って思ったものでした。ええ、そんなアラサーでした、あの頃(2004年)のワタクシ。
・・・今はアラフォーですがね。時の流れを感じますね。ええ。