たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・1/15

予行練習だって本番だ。
(自分で書いててよく分からん・・・)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「練習は本番、試合はおまけなんです」

いい言葉ですね、でもね。
これは、日本のプロボクサー、長谷川穂積さんの言葉です。

なるほど。よく言うもんね、「練習は本番のつもりでやれ!」って。「練習でちゃんとできなかったら本番できねーだろ!!」って言いますけど。すみません、僕は違うんです。練習は練習なんです。練習は何となくやっても本番はやっぱやるんです。まぁね、ものによりますよ、そりゃ。
いやー、でもね、そうだね、練習をやるときはね、思いっ切りやるんだよね。これでもかってぐらい。そうしないとやっぱり本番、ゆるい気持ちというかさ、リラックスして本番迎えらんないんだよね。そこなんですよ。練習ちゃんとやんないと本番不安じゃんっていうことで。そう、やるだけやったから、あともう出すだけじゃん。たとえミスっても、でもやることやって自分の精一杯ですってことじゃん。
そう、だから受験生の皆さん、勉強は自分がこれでもかっていうぐらいやったんなら、もういいじゃないか。頑張れ、受験生!
以上、大野智でした!

(BGM 「Welcome to our party」)



ここのところ、受験生へのエールが多いですね。該当者は心強いんじゃないでしょうか。
私は受験生じゃないけど、仕事に置き換えて聞いてる。「智が私を応援してくれてるわ。頑張る!」って。
いろんなことに当てはまるんだよな、このエールって。日常生活にもね。

「やるべきことをきちんとやってれば、いいじゃないか」って普段から思ってるんだけど、まさにそうで。
仕事でミスっても、また頑張ろうって気持ちになるしね。
(一番いいのはミスがないことだけどね・・・。前向きに!)