たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・12/26

あの頃の わたしに戻って
あなたに会いたい
荒井由実「あの日にかえりたい」)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「冬の雪売り」

は!?(笑) (解説を)読みましょう。
これはですね、有り余るほどの物を売っていても買い手がないという意味のことわざです。
冬は雪がたくさんあるので、雪を売ろうとしても買う人はいません。

なるほど。あっ、なるほどね。そういうことです。海水を売ろうとしても買う人はいませんよ、そりゃ、みたいなことですけどもね。
雪。待って。東京でさ、雪、なんか思いっきり降ってないね、まだね。これからかな。いやね、大人になったなと思う瞬間だよ。雪降ったら喜ばなくなったの(笑) やだね。変わるよね。カブトムシの幼虫触れなくなったのと一緒でさ。自然と変わっちゃうんだね、これね。やだもん、雪降ったら。寒いし滑るし。
でも、子供のときなんてね、朝起きてカーテン開けて真っ白だったら、もうハッピーだもんね。そう、どんだけね、誰もいない所のね、キレイな雪を踏んでやるかみたいなとこあったもん。イチゴ飴、口の中に入れて雪入れて「かき氷だ!」って、やったもん。それが何、今の。寒いから外出ない。ねぇ。
昔、雪だるまやったよね。野球のボールくらいのサイズからコロコロ転がすとバスケットボールになり。ねぇ。バランスボールになり、どんどんでかくなるんだ。あの楽しさったらなかったよね。うん。あれに帰りたいよ、あの頃に。
えっ、帰っていいの?帰っていいの?・・・ああ、帰れないよ。うん。忙しいから(笑) でも、大人になってやっても面白いと思うよ。うん。是非、栗原さんもね。ここで久々の登場で。

(栗ちゃん「いやホント、ビックリしました」)
栗原さん、聞いてますか?
(栗ちゃん「聞いてます、聞いてます」)
冬、雪、寒いと思うけど。
(栗ちゃん「ああ」)
雪だるまとか作ったらいいんじゃないですか。
(栗ちゃん「ああ、一緒に遊びましょうよ、じゃあ」)
初心に返りましょうよ。ねっ。
(栗ちゃん「えーっ(笑)」)
以上、大野智でした!

(BGM 「駆け抜けろ!」)



大人になったと思う瞬間、雪の話はそのとおりです。ホント嬉しくない(笑)
考えるもん。雪降ったら通勤どうしようって。スタッドレスとかチェーンとかするしかないでしょうけど。
そういう準備すらめんどくさいです。できれば積もらないでほしいのが本音です。
大人ってヤダね(笑)

これは「大人になった瞬間」というのか分からんけど、最近、味覚の変化を感じまして。
少しだけお酒が飲めるようになったのがその一つね。ビールが苦くて嫌だったけど、最近はそう思わなくなった。
あと、脂っこい物を控えるようになったな。嫌いではないけど、たくさんは要らない。ちょっとで十分。
(余談だが、クリスマスはフライドチキンではなくテリヤキチキンを食べた)
歳と共に味覚って変化するんでしょうか。ううむ。