たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・12/10

永遠にフォーエバー。

(「伝説のレジェンド」のまね(笑))
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「古き良き時代。全ての時代は古くなると良くなるもの」

深いね。いや、そのとおりだね。はい。
これは、イギリスの詩人、ジョージ・ゴードン・バイロンさんの言葉です。
「時間が流れ、時代が変われば全て良いものに変わっていく」ということですよ。

だから、あれですよ。歳をとればとるほどいい人間になってるっていうことですね。まぁ、いろんな経験を経ての。
そうっすね、僕も32年を振り返ってみますか。まぁ、でもね、振り返るとね、今じゃもう味わえない青春時代だったり、その当時ってのはありますよね。10代なんかそうだよね。うん。何もかもが新鮮でしたね。
まぁ、僕で言ったら京都で暮らしたりとかね。16~18(歳)かな。約2年、1人暮らしです。なかなかできないじゃないですか、普通。うん。だから、ああいうのは楽しかったですね、あれ。もうキツかったのもあるんだけど、当時はね、まだ10代なんでね、ストレスだの苦労だの分かんないんですよ。うん。だからできたんじゃないですか、あんとき(笑) で、東京戻ってきて。
結構、僕、ムチャクチャな人生なんですよね(笑) 帰ってきて3ヶ月くらい暇して。そんで先輩の舞台出たり。ちょろっと働いてたんだ(笑) そんで嵐になってでしょ。そんで何だかんだいって今もまだいるって感じですよ(笑) まぁ、面白い人生だなと自分でも思いますけどね。うん。
まぁ、この先も楽しみですけどね。自分がどう変わっていくのかとか。うん。なので、いつか自伝でも出しますか(笑)
ということでね、今年もまだ残りありますけどもね、大事に1日を過ごしましょう。
以上、大野智でした!

(BGM 「Face Down」)



今日の一言を聞いて、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」(2001年公開)を思い出してしまったよ。
ある男女が、世の中を20世紀の古き良き時代(60年代くらい)に逆戻りさせようと企み、人々を洗脳する・・・という話。
その男女の心の中には「あの頃は良かった」っていう気持ちがあって。未来に向かって生きようとしてない。何処か後ろ向きで。
・・・まぁ、上手く説明できないんで、実際に見た方が分かりやすいと思う(おい)

確かにね、「あの頃は良かった」って思うこと、時々あります。時々ね。
ただ、しょっちゅうは思わないんだな。だって過ぎちゃったんだもん。戻ってこないじゃん。それに戻ったら怖いし(笑)
だから、ちょっとだけ立ち止まって「あの頃」のことを振り返ったら、再び前に進みます。

・・・ってガラにもなくクソ真面目なこと書くから、クソ寒いんだよな。
そりゃ水たまりも凍るわ。ごめんよ。

それにしても、「何だかんだいって今もまだいる」ってアンタ・・・(笑)
いやいや、いていいんだよ。これからもずっと、永遠に。
つーか、いなきゃダメ!いなきゃヤダヤダ~(><@)←子供かよ
あっ、自伝と作品集をミックスさせるってのはどうだい?興味ある。

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]