たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・11/21

じゃあ、智のことずーっと見てる。

(「見ましょう」って言うから・・・)
(つーか、何がじゃあなのか)

おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「文武両道」

これは、学問と武道の両方に優れていることを意味する四字熟語です。
スポーツもできるし、勉強もできる人。

なるほど。まぁ、ようは何をやっても器用にできる、こなす人ってことですよ。まぁ、いますよね、そういう人。メンバーで言ったら誰だ。ニノじゃない?まぁ、器用ですよ、彼は。うん。
まぁ、でも、それって何だろうね。結構ね、子供のときの影響とか強いと思うんですよね。とか。あと、人とちょっと違った見方をしてたり、自分なりのコツを掴もうとして。そういうことだと思うんですよね。
僕もね、よく言われますよ、「器用だね」とか。だから、ものまねやる人ってのは、めちゃくちゃ見てるのよ。そういう人なんですよ。ものまねが上手い人って。よく見てる。だから、僕もよく見てるもん。
いや、ものまねできるとかじゃないんですよ。そういうことじゃない。今、言い方、間違えた。ねぇ。焦るな、焦るな(笑) そういうことじゃないんだけども。
よくね、僕も振り付けとか受けるじゃないですか。覚える側として。で、ステップとかあるじゃない。まず、とにかく見るの。だから下半身しか見ない。だから、ようはステップが多い振りとかは足重視じゃない。だから右から行ってんのか左から行ってんのかっていうのを、まず最初に見る。だから、オイラ足ばっか見てる。うん。だから、よく「踊りとかできない」っていうじゃないですか。それは、よく見てないからだ。見るとね、よく分かってきたりするんです。ええ。
釣りでもそうですよ。あの(笑)、釣りでもそうだよね。初心者の人とか。僕も初心者だったけど。ルアーを投げるのって難しいじゃないですか、最初。でも、船長が投げてるのをとにかく見るのよ。見て盗むんですよ、釣りは。聞いちゃダメなの。真似すんのよ。うん。とにかく実践です。さぁ、これから釣りを始める人。見ましょう。
以上、大野智でした!

(BGM 「駆け抜けろ!」)



ごごごごめんなさい(_ _)
(何をいきなり)
ダンスが上手い人に
「よく「踊りとかできない」っていうじゃないですか。それは、よく見てないからだ」
って言われたら謝るしかないじゃありませんか。
「あっ、だから子供の頃、体育とか運動会の踊り、なかなか覚えられなかったんだ」って思いましたです。はい。
あと、今年の初めもそうだったな。幼稚園の出し物で「マルモリ」を踊ることになって、毎日DVD見て練習してたけど、なかなか覚えられなくて。
最終的には見本を見ずに踊れるようになったけど、それまで時間がかかったです。はい。

「見て盗む」ってのは、仕事で実感してることでもありまして。
ホント、よく見るのって大事ですね。仕事始めた頃は周りを見る余裕がなくて、自分のことで精一杯で。
ようやく最近、少しだけ周りを見る余裕が出てきました。先輩の仕事を見て、「こういうときはこうした方がいいんだ」とか考えられるようになった。
とにかく見て覚えるしかないですね。ルックルックです。

ところで、ものまねといえば、次回の「しやがれ」ですよ。
山寺さんと三ツ矢さんね。楽しみですね。