たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・11/20

キャンバスは、キミの頭の中。
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「一人では何もできぬ。だが、まず誰かが始めなければならぬ」

ほぅ。いい言葉ですわ。
これは、日本の劇作家、岸田國士さんの言葉です。

ええ。まぁ、でもホントに何かをね、まず始めないとっていうことですよ。まぁ、何かやりたい何かやりたいっていう思いは強くても。「じゃあ、やれよ」みたいな。うん。まぁね、これってね、ある意味、勇気次第ですよ。うん。何かやりたいって自分からやんなきゃしょうがないですからね。何かやりたいことが見つかったときでもね。
まぁ、僕もそうですけども。ねっ。絵描く絵描く言って全然描いてねえじゃねえかみたいなことになりますからね。僕の場合はね、何か覚悟がないとできないですよね。うん。あと、なんかこういう感じの絵を描きたいけども、ちょっと参考資料的なものを探しに行って、思ってたものが見つからずとか。よくありますよ。参考資料見た方が幅が広がるじゃないですか。想像力というか、「あっ、なるほどな。じゃあ、もっとこういう絵になりそうだな」とかね。
その参考資料をね、本屋にね、ちょっと前に行ってね、探したんですけどね。まぁ、自分が思ってるものがなかったんですよ。そういうとき結構ショックね。もう帰るしかないの、家に。そんで家に帰って描き途中の絵を眺めて。寝たよね(笑) まぁ、今日じゃねえなみたいな。なんかビジョンが見えてないと、あんまり描き出せなくて。「あっ、これならいける」みたいなことが頭にないとね、どうも描きづらくてね。
まぁ、描けないことないんだけど、やったところであんまり満足度的なものが描けるのは分かってるので、だから、まずそれを探すのも大変ですよね。まぁ、でも、そういうときがきますよ、確実に。ええ。探し続けます。
以上、大野智でした!

(BGM 「駆け抜けろ!」)



大野くんの作品作りって計画的なのね。参考資料見て、ビジョンが見えてきたら描く。行き当たりばったりではないのね。
ただ描くだけじゃなくて、想像力も必要よね。いろんな感覚をフル稼働してる感じがする。
探してるものが必ず見つかる日が来ますよ。意外と近くにあったりして。

自分が探してたものが見つからないとガッカリするよね。私の場合は絵とか趣味じゃなく、普段の買い物なんだけど。
例えば雑貨とか、「こういう感じのものが欲しいな」ってぼんやり頭に描いて探しに行って、散々歩き回っていい感じのが見つからなくてガッカリってこと、よくあるもん。
逆に、すんなりいい感じのが見つかったときは嬉しいですよ。そりゃもちろん!