たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・11/2

ワタクシは5歳年上の「ファンの子」です。
おはようございます。嵐の大野智です。
毎週金曜日は頂いたメッセージにお答えしていきます。

さぁ、まずはじめは、シチューにしそ昆布さんから。うん。
「先日、松茸づくしの夕食にしました。松茸ご飯、お吸い物、茶碗蒸し美味しかったです。
智くんにとって秋の味覚は何ですか?教えて下さいませ」

なるほど。あっ、この間ね、友達が「すごい美味しいご飯屋さんがあるから、また行きたいんだよね」とか話になって。「はぁ。別にいいけど」って。予約制らしくて。「予約が奇跡的にとれた。オマエに食ってほしいんだ」とか言われて。「まぁいいや。行くわ」って行ったんです。そしたら個室で、松茸ばっか出てくんの!あとなんか、フォアグラ茶碗蒸しだの、トリュフ炊き込みご飯的なやつとか出てきて。
で、食ったけど、まぁちょっと久々すぎてそんなの食うの。興奮して、俺も「美味いな!」って。「松茸って高級じゃん」って、どんな料理にも松茸が常に入ってて。そんで、ちょっとお腹いっぱいになって、持ち帰ったもん、俺。いや、そんな日がありましたよ。
まぁ、ホントにね、月に1回ぐらいそういう日、あってもいいかなって思いましたけどね。ええ。はい。

さぁ、続いて、チカコさんから。
「ずっと気になっていたことがあります。智くんは昔から私達ファンのことを「ファンの子」って言いますよね」
あぁ。
「私は智くんよりも10歳も年上ですが、私も「ファンの子」でいいんですか?「いい」って言ってほしい」
なるほど。確かに「ファンの子」って言うんだね。だから、違うの。ただ単に「ファンが」とか、なんか失礼しな感じしない?「ライブでファンが」、これが無理なんだよね。「お客さんが」、うーん、でも他人過ぎるなと。で、自動的に「ファンの子」になったんだよ、たぶん。
歳関係ないです。もう80歳のおじいちゃんでも「ファンの子」ですよ、僕の中で(笑) 大丈夫です、チカコさん。僕と歳が10コ離れていても「ファンの子」です。ええ。言いました、今。ねっ。はい。

さぁ、続いて、東京都タブッチさんから。
「私は回転寿司が大好きです。安くて美味しくてお腹いっぱいになるのでよく行きます。特にサーモンが大好きで、3、4皿ぐらい食べてしまいます。
大野くんは回転寿司とか行きますか?好きなネタって何ですか?」

回転寿司ね、あれなんか変な緊張、焦りがあるよね。行ってしまうっていう。あれたぶんね、皿取るときって、みんなちょっと焦るでしょ。なんか分かんないけど行ってしまうから。でも、スムーズに取ろうってみんな絶対思ってると思う。ね、絶対に(笑) 慌ただしく、気持ちがちょっと若干慌ただしくなるんだよ、一瞬。でも、なんかちょっと自然に取ろうっていうふうにする人、絶対いると思う。僕がそうです(笑)
俺ね、回転寿司はそんな食えないね。ええ。2個食わなきゃいけないんだよね、あれ。でもね、30歳のときにニューヨーク行ったときに、創作寿司を30皿食ったのよ。この間、行ったんだ、そう。夏に松潤と相葉ちゃんと俺でニューヨーク、勉強しに、みたいな感じで行ったときに、またその同じ寿司屋行ったの。そんときはね、26皿でギブだったね。だから、あんときよく食ったなと思って。いやー、でも、なかなか食えないね。
まぁ、そのニューヨークで食べたのはね、2貫ずつじゃなくて1貫でしたね。だから結果、回転寿司で言ったら15(皿)ぐらい?いや、結構キツイよ。うん。あっ、でも、今度挑戦してみますわ、回転寿司で。はい。

ということで、毎週金曜日は頂いたメッセージにお答えしていきます。メールでお待ちしています。たくさんのメッセージお待ちしています。
ではまた来週。大野智でした!

(BGM 「駆け抜けろ!」)



今日は食べ物の話題が多めでしたね。高級料理から回転寿司まで。
松茸とフォアグラとトリュフの料理ってすごいわ。食べたことないから、ただただ「すごい」としか言えないけど。
回転寿司、私もサーモン好きですね~。いろんなネタを食べるようにしてるけど、必ずサーモン食べてますよ。
スシロー行きたい(どさくさ)

「ファンの子」に関しては、意識してなかったな。言われてみればそうだな、って思った。
大野くんが「ファンの子」って言葉を使うのは知ってたけど、「私も「ファンの子」でいいのかな?」って考えたことはなかった。頭になかったんだよね。
深く考えてない。楽しけりゃいい。ようするにバカなんです(笑)