たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・11/1

バター醤油味が好き。
(誰も聞いてない)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「渡りに船」

これは何かを始めようとしたときに、運良く都合の良いことが起きることを意味する言葉です。
「出掛けようとしたら友達が車で来たので、渡りに船と便乗させてもらう」という具合に使います。

なるほどね。あっ、っていうことはあれだね。まさに船ですよ。昨日まではね、栗原さんと屋形船の上からトークしましたよ。栗原さん、ありがとうございました。ホントに。
栗原さんに会うのも、いや、何だかんだ会ってんだよね。ライブを観に来て下さってるんです。ただね、なんかね、すぐ帰るんだよね。なんか用事があるのか何だか。去年のライブかな、トイレから出てきた栗原さんがいて。
その後、関係者に嵐が挨拶に行くんだけど、トイレから出て関係者の人が待ってる所に戻るんじゃなく、トイレから出て、そのまま帰ってったから。「えっ、いや、あっ、またまたまた」(※栗ちゃんのものまねで)とか言って。
(栗ちゃん大ウケ)
「えっ、帰んの!?」みたいな。この後、嵐が挨拶してね、関係者のところまわるのに帰るんだよ。だから、なんかそういう印象。ちょっと来て、すぐ帰る印象だったから、栗原さんとトークしたかったんだよ。うん。
まぁ、あと、栗原さんとまだ横浜のバーで飲むっていうのを実現してないんでね、実現しましょう、それを。ねぇ、栗原さん、アナタいつまでも逃げてないで(笑)
(栗ちゃん再び大ウケ)
逃げてないでね、ちゃんと一対一で飲みましょうよ、今度は。一対一で話しましたけど、昨日までは。ねっ。行きつけがあるっていう。ええ。二人で行きましょう。
以上、大野智でした!

(BGM 「Welcome to our party」)



「皆さん、大変失礼いたしました。もうワタクシの話に終始していただきまして。
でも、一対一でホント誘っていいもんなんでしょうかね。良しとするならば喜んでというところです。いつか実現したいとワタクシも思ってます」

って栗ちゃん恐縮してました。わたしゃ、全然いいんですけどね。面白いから。
栗ちゃんの反応や、大野くんが栗ちゃんのものまねしてるのが面白いし。
まぁ、栗ちゃんが早く帰ったのは、家で奥様が待ってるからということで・・・(笑)

さてさて、「Popcorn」ですよ。感想書いとこ。
届いて、最初に絵本見た。なんですか、あの可愛いコーン5粒ちゃん達は。
もう食べちゃいたいくらい、かーわーいーいー(若者ぶった言い方)
バター醤油で味付けしちゃうんだから~。

・・・ごめん、もう二度と言わない。

で、曲なんですが、まだ半分くらいしか聴いてなくて(^_^;
そうだなぁ、大野くんのソロ。「アンタ、どこまで伸ばすんだ」ってくらい伸ばしてましたね。「震えるほど~~~~~~~~~~」って。
これはもしや、「この部分、カラオケで歌えるもんなら歌ってみろ」っていう、奴からの挑戦状なのか!?(そんなバカな)
(奴はやめなさいよ)
まだ聴いてない曲はこれから聴くってことで。楽しみです!