たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・10/17

この前の「しやがれ」、しゃもじ持って戦ってほしかったなー。
(歌舞伎風の裏拳はまさに風助だったし!)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「秋晴れ」

これは秋の快晴の澄み渡るような空のことをいいます。
10月に入ると移動性の高気圧に覆われて湿度も下がって、心地良い日が続きます。

なるほどね。いや、そうですよね。涼しい感じかね。ええ。まぁ、でもこれから魚も釣れ始めますからね。サバとかイナダとか。もう釣れてますけども。まぁ、そういう変わってくシーズンですよね。ええ。10月です。
さぁ、10月ですよ。だからホント10周年ですね。さぁ、今日もいきますか。覚悟を決めて。ねっ。自分の10年前の。

(ガサガサ)
これ!はい、選びました。おっ!これは大丈夫じゃない?2003年4月11日、トークテーマ「センゴクプー」。

(「a Day in Our Life」に変わる)

ちょっとこの番組のためにですね、舞台に先駆けて今回の舞台の僕が一番最初に言うセリフをですね、特別に披露したいと思います。
(えっ、マジで?)
これは貴重ですよ~。
(言っちゃってんの、そんなの)
これは覚悟しといて下さいね。あー、ちょっと、BGMをね、オフにしてもらえますかね。
(言っちゃってんだ)

(BGMがオフになる。咳払いしつつ)
それじゃ。ちょっとね、喉もね、ちゃんとやっていかないといけないですけど。いきますよ、皆さん。
じゃ、今回の舞台、僕が最初に言うセリフを言います。
(何だ?)
皆さん、耳を澄ませてよくお聞き下さい。
(全然覚えてない)
それではいきます。よーい、スタート!
ヤベえっ!
今日の夕方スタートします。「センゴクプー」よろしく!


(大爆笑)
なんか一行ぐらい言うのかと思ったよ。引っ張って引っ張って「ヤベえっ!」とか。好きだったんだな、そういうの。
あっ、4月11日が初日だったんだ。はー。えっ、あれ10年前?プーシリーズの最初だね。「センゴクプー」「バクマツバンプー」「テンセイクンプー」「アマツカゼ」か。
いや、なるほどね。でも、確かにね、緊張感あったの覚えてんな。そうだね、「センゴクプー」のときはね、戦国時代の話なんだけど、人を斬らない役だったんだよね。で、口で解決する。「弁は剣よりも強し」っていう。で、そういう風に言ってたんだよね。セリフがあった。だからもう何事も全部喋りで戦いをかわしたりするからね、セリフが異様に多かったんだよね。
その中でね、言い回しを間違えたことがあって。なんかね、先にね、後のセリフが出ちゃったことあるね。それ言いながら自分で気付いて。で、止まって「ねっ」とか言ったことある。相手に(笑) 真っ白になると俺、「ねっ」って言うんだと思った(笑) まぁ、そういうハプニングとかありましたけどね。たぶんね、ラジオでも喋ってると思うよ。うん。
これ、今日のは俺、恥ずかしくなかったよ、そんな。「あっ、こいつやらしいな」とは思ったけど。ええ。明日がちょっと怖いですけど。まぁ、皆さん明日も楽しみにしていて下さい。
以上、大野智でした!

(BGM 「Welcome to our party」「a Day in Our Life」)



センゴクプー」初日のトーク、覚えてますよ。
あと、「ねっ」って言った話も覚えてる。すんごいハプニングだったなぁと思って。
でもね、舞台って何かしらあると思うんです。私が観に行った日もハプニングありましたから。
手品みたいなのに失敗して、やり直したといいましょうか。そんなのありましたよ。会場が笑いに包まれたのは言うまでもなく。
・・・ってあら探ししてるみたいだな。それはないない(^_^;

プーシリーズといえば、きださんですよ。
きださんといえば、最近だと「仮面ライダーウィザード」でしょう。脚本書いてるのよね。
「ウィザード」は初回から見てるけど、なかなか面白い。この先の展開が気になる!
(そういえば過去の仮面ライダーも、きださんが脚本書いてるのよね。それは見たことない)

ところで、10周年を振り返るコーナーは、恥ずかしがるためにあるんでしょうか。懐かしむためじゃなくて?(笑)
明日はどんなトークが飛び出すやら。楽しみ♪