たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・10/10

今日は、頭にコーンを被った人が通りに立ってるのを見た。
・・・と思ったら、ただ単にコーンが高い位置に置いてあっただけだった。紛らわしい。

(疲れてるのかしらね・・・)

おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「破天荒」

これはですね、前人の成し得なかったことを初めてすることを意味する言葉です。
字面から、「荒っぽい」「型破りな」などの意味で使うのは間違いです。

はあ、なるほど。今まで人がしなかったことですよ。まぁ、僕もなんかいろいろやりましたからね(笑) なんかあるんじゃないですか、破天荒だったことはね。ええ。
まぁ、ちょっと今日もいきますよ。ちょっといいですか、早くいっちゃって。聞きたいんで。ねっ、もう10周年を記念しての10年前の音声。

(ガサガサ)
今日もコンビニの袋でお届けします。まだ湿ってますね。これ!あっ、すげー。2002年12月14日。おおっ。トークテーマ「どてら」。え?何だ??

(「a Day in Our Life」に変わる)

どてらね~。あれやっぱり受験生がね、コタツに入りながらね、ミカンを食べながらね、温かいお茶を飲みながら勉強してるイメージがありますね。ええ。
やっぱね、今もうまさに受験のシーズンですかね。やっぱやってる人はやってますよね。どてらは着てるんでしょうかね。
大変ですよね、やっぱり受験生は。やっぱりね、諦めず未来を信じて頑張って下さい、皆さん!諦めないでほしいですね。自分に限界を作んないで下さい。人間には無限の可能性があるのですよ!頑張って下さい!僕は信じています。皆さんが全員合格することを、ワタクシ心より祈っております!
以上、大野智でした!

(※喋ってるうちに、どんどんテンションとキーが高くなる)

(終始笑いながらトークを聞く)
もうキーが届いてないじゃない(笑) どんどん高くなっちゃって。意外といいこと言ってんだね。ねっ。すごいね。若いわ。落ち着いたわ、オイラ。オヤジ臭くなった。そりゃ10年経つもんね。
だって、2002年でしょ。「ピカ☆ンチ」、5人映画撮り終わってるぐらいか?もう分かんなくなってるね、あの頃。まぁ、僕はよく同じジャージを着てたの覚えてる。肘のとこが擦り剥けてるぐらいの。気にしながらずっと着てたらね、もうホント、ペラッペラになっちゃって、肘のとこ。よく肘ついてたんだろうね。うん。いや、よく覚えてるよ。
まぁ、でもちょっと、これ面白いですよ。さぁ、ということで明日もね、皆さん楽しみにしていて下さい!
以上、大野智でした!

(BGM 「Face Down」「a Day in Our Life」)



ええとですね、「ピカ☆ンチ」が公開された後じゃないでしょうか、この頃は。
10年経つと記憶が曖昧になりますよね。私もそのくらい昔になると、細かいことがすぐに思い出せなかったりするし。
いや、昔どころか昨日のことも思い出せないことある。どうする。あっはっは(笑)
(笑い事じゃないし)

今日聞いたトークは、校長先生みたいでしたね。全校集会で言いそうじゃないか、こういうこと。
聞いてるうちに「あんた誰なんだ」って思っておかしかった。大野智じゃなく、どっかの校長だ、あれは(笑)
あと、相変わらず物持ちがいいことも分かったね。肘が擦り剥けたジャージ。そこまで着るってすごい。
いや、物持ちがいいというより、物を大切にするっていうのか。いいことですね(しみじみ)