たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・9/17(栗原さん&リスナー編)

この日に出演したリスナーの方から、「文字起こしていただけないでしょうか・・・」ってメッセージをいただきました。
MDにやり取りが残っていたので、さっそく文字起こしてみました。

以下は、9/17放送の栗原さんと出演者のやり取りです。
(栗:栗原さん サ:出演者のサキさん 大:大野くんのロボットボイス)


栗:さぁ、大野くんのコーナーです。本日の出場者は中学2年の女子、サキちゃーん♪
サ:おはようございます。
栗:おはようございまーす。まさか当たると思ってなかったんじゃない?
サ:はい。
栗:今の気分は?
サ:いや、もうすごい目が覚めました。
栗:じゃあ目覚めたところで「大野くんカモン」って言っちゃって♪
サ:大野くん、カモン!

大:おはようございます。
サ:おはようございます。
大:嵐の大野智です。
サ:○○サキです。(※名字伏せました)
大:今日の朝ご飯は何?
サ:えっと、今日はハムエッグです。
大:いいですねー。今日の予定は?
サ:今日は友達と遊びに行きます。
大:いいですねー。
栗:あー、三連休だもんね。
サ:はい。
栗:しかも中学2年生か。
サ:はい。
栗:毎日楽しいだろうなぁ。
サ:はい。
栗:ちなみに今日は何処行くんですか?
サ:今日は友達とオリンピックってデパートに買い物に行きます。
栗:ああ、オリンピックあるよね!
サ:はい。
栗:ほぉ~。ビックリした。オリンピック出ちゃうのかと思ったよー。
サ:(笑)

大:好きな芸能人は誰?
サ:嵐の櫻井翔くんです。
大:・・・へぇー、そうなんだ。
栗:どう?この微妙な空気(笑)
サ:(笑)
栗:どっちかって言うと楽しい?
サ:はい(笑)

大:将来の夢は?
サ:大野くんと共演することです。
大:応援してるよっ!
サ:ありがとうございます。
栗:あれ?ちょっと待って下さいね。
サ:はい。
栗:好きな芸能人は櫻井翔くんって言いましたよね?
サ:はい。
栗:で、大野君と共演したい?テレビか何かに出たいということですよね?
サ:はい。
栗:まぁ、女優になるとかタレントになりたいと思ってるのかもしれませんけど、話の流れからすると、翔くんと共演したいって言うべきではないでしょうか?
サ:あの、ドラマとかは大野くんがいいんです。
栗:なるほど。なるほどなるほど。いろいろ分けてるっていうか。
サ:はい。
栗:もう移り気なサキな感じ?
サ:はい。
栗:その夢、まぁ女心というのはね、揺れるものだと聞きますので。エコーつきで大野くんが。
大:応援してるよ~!(エコー)
サ:ありがとうございます。
栗:といいますか、具体的には将来何になりたいんですか?
サ:えっと、女優さんになりたいです。
栗:あら。そのための練習とか勉強とか、何かもう段取りは?
サ:ちょっとしてます。
栗:あれー。じゃあ、その子役の事務所を探したりとか。
サ:はい。
栗:何かタレント事務所ってどんなものなのかとか、芸能界とは何ぞやみたいな。
サ:はい。
栗:へぇー。いい話から、いろんな噂まで聞いちゃってる。
サ:はい。
栗:是非、ご家族とじっくりご相談しながら対応していただければ幸いです。
サ:はい。ありがとうございます。
栗:はい。ではですね、今日ご家族もきっとお休みだからいらっしゃると思いますが、一人で「MOスタート」って言ってもよし。みんなで「MOスタート」と言ってもよし。どちらにしますか?
サ:あっ、一人で言います。
栗:お一人様ご搭乗です。どうぞ。
サ:MOスタート。

(大野くんのトーク)

栗:はい、大野くんでした。ということで、今日は意外ですね。一般の、ラジオの前の皆さんから、投稿された座右の銘が今日の言葉になっているということでございました。
まぁ、「気にするな、気になるから」っていうのは、よく分かりますね。ええ。ワタシも同感です。あまり小さいことを深く追うとですね、深追いは良くないといいますから、もう結構大それたことでも、もう気になるようだったら気にしないようにすることってのは大事ではないでしょうかね。ストレスがたまらない方法の一つとワタクシも思ったりしています。
サキちゃーん♪
サ:はい。
栗:ということで、サキちゃんは最近気になることありますか?
サ:えー・・・。
栗:あるいは心配事とか。むしろ今日応援してほしいことなんかに繋がるかもしれません。
サ:あっ、やっぱりあの、部活が。
栗:あっ、やってんの?
サ:はい。
栗:あっ、女優になりたいだけじゃないんだね。
サ:あっ、違います。
栗:何部ですか?
サ:バスケ部です。
栗:かっこいいじゃないですかー。へぇ、それでそれで?
サ:それで、来月に新人戦があるんで。
栗:あっ、そっか。中2だから。
サ:はい。
栗:先輩がもう引退して。おお。それでそれで?
サ:それで、副キャプテンなんで。
栗:素晴らしい。
サ:はい。ちゃんと引っ張っていけるように。

(ファンファーレが鳴る)

栗:副キャプテン。就任祝いのファンファーレを鳴らさせていただきました(拍手)
サ:ありがとうございます。
栗:そうなんだ。副キャプテンの役柄は何だと思ってますか?
サ:やっぱりキャプテンのサポートと引っ張っていくことです。
栗:大変だよね、板挟みね。まぁ、大人の社会でいうとこの「中間管理職」っていうんですか。
サ:はい(笑)
栗:ねぇ、あっちを立てれば、こっちが立たずですよね。ええ。まさに今日の言葉を参考にして下さい。
サ:はい。
栗:あまり気にしないでね、いきましょうね。
サ:はい。
栗:はい。それでは、バージョン何にしようか?
サ:電気屋さん、ミッキー電気で。
栗:電気屋さん、分かりました(笑)
サ:ドナ、ドナルド多めで。
栗:ドナルド。今、言えてない、たぶん(笑)
サ:(笑)
栗:寝起きで言えてないんじゃなーい。
サ:すみません(笑)
栗:「ドナルド多め」って3回言ってちょうだい!
サ:ドナルド多め、ドナルド多め、ドナルド多め。
栗:素晴らしい。やるときはやる。さすが女優志望(拍手)
サ:はい。

大:この後、誰かにメッセージを送る、もしくはアナタの夢を語っていただきます。どちらにしますか?
サ:夢を語ります。
大:それでは、アナタの夢を語って下さい。
サ:将来の夢は、大野くんとドラマで共演することです。
大:僕、大野智も、その夢が叶うことを願っています。

(BGM「エレクトリカルパレード」 栗ちゃんがミッキーの声真似)
ミッキー電気へようこそ!案内役は僕、ミッキー。店長はドナルド。
(ドナルドの鳴き声)
え?何だって?今日のご出演の女の子は、○○サキちゃんって言ってたよね。
空耳で、○○○(※ある駅名。名字に近い発音なので、これも伏せます) 横須賀線乗ると、たまにビックリしない?

サ:・・・しません(キッパリ)

ざんねーん!
(ドナルドの鳴き声)
うん、栗原は久里浜行きにビックリハラどーん!
(スティッチとドナルドの鳴き声)
ごっちゃ(笑) あっ、あれも出そう。
おーい、サキ。サキはただのスペースレンジャーなんかじゃない。女優になりたいけど、バスケット部の副キャプテンも務める、しっかりした中学2年生じゃないか。いろいろ迷え。汗をかき、思い悩み、青春しながら立派な女の子になっておくれよ。
せーの、無限の彼方へ、さぁ行くぞ-!

大:それでは、リクエストの曲紹介をどうぞ。
サ:嵐で「5×10」。
栗:ここまでで、全て出演が完了です。
サ:はい。
栗:記念になったでしょうか?
サ:なりました。
栗:楽しかった?
サ:はい。
栗:よかった~。じゃあ、ご家族の皆さんによろしくお伝え下さい。
サ:はい。
栗:なんか伺うところによると、ご家族にご高齢のおばあちゃまがいらっしゃるということなんですけど。
サ:はい。
栗:おいくつなんですか?
サ:あっ、84歳です。
栗:うわー、素晴らしい。一緒に住んでらっしゃるんですか?
サ:はい。
栗:じゃあ、今日は敬老の日ですから、ワタクシからもよろしくお伝え下さい。
サ:はい。
栗:ありがとうございました!
サ:ありがとうございました。


以上、栗原さんと出演者・サキさんとのやり取りでした。
こんな感じでいかがでしょうか?
私も、バスケ部の副キャプテンとしての活躍と、女優になって大野くんと共演したいという夢、応援してます!

最後にやった、「ミッキー電気」がよく聞き取れなくて、分かる部分だけ書き出しました。
そもそも私、ディズニーのキャラクターに詳しくないので、最後に出てきたキャラが何なのかよく分かんなくて。
スペースレンジャーってことは「トイ・ストーリー」?うーん・・・(ーー;)