たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・6/14

ゆけゆけ 川口浩

嘉門達夫。やっぱり古い)
(余談だが、数日前に授業参観行ったら、娘が「鼻から牛乳」口ずさんでた。何処で覚えたんだよ)

おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「満を持す」

満を持してってことだよ。みんな、満を持してる?違うな。
これは、十分に用意して機会を待つことを意味する言葉です。
「自分の出番を満を持して待つ」というふうに使います。元は、弓を十分引き絞って、そのまま構えることからできた言葉です。

おぉー、なるほど。弓ね。いや、弓はね、俺、引いた気でいたけど、ゲームで引いただけだったわ。打つ方で、的に当てる方だったけど。でも、あれゲームでもかなりの集中力要ったの覚えてるよ。いやー、あれは相当な集中力だよね。
結構前かな?テレビでね、弓矢を刀で切るっていうプロがいて。娘さんが弓矢をお父さんに向かって放つわけ。それも、いつ飛んでくるか分かんない弓を、飛んできたらその弓を刀で切り落とすっていう。それ見たときビックリした!「いや、無理無理無理!」って思って見てたんだから。一瞬だよ、それ。しかも、いつ来るか分かんないし。ちょっとでも遅かったら終わっちゃうわけですよ。もうこっちも手汗がすごくなったよ。
で、見事に切ったね。スローモーションでも見たけど、人間ってすげえなって思って。でも、昔の人は、それが当たり前だったかもしれない。うん。だって戦ってたわけだから。いやー、すごかったですね。
まぁね、僕はアイアンリフティング極めますよ。うん。でね、まぁ一人でね、やってるからね、お披露目する場はないですけど。ええ。相当上手くなったら見せる。
以上、大野智でした!

(BGM「Face Down」)



刀といえば、殺陣。そしてプーシリーズ(強引)
プーシリーズは全作見てるけど、刀で一番インパクト強かったのは「センゴクプー」のあのシーンでしょうか。
・・・ってこれってネタバレになるんじゃないのか。なので「終盤のアレ」とだけ言っておきます。「こいつ無敵だ」って思ったわ。
だからDVD(もしくはBlu-ray)化してよ(無理矢理)
(何がだからなのか)

私がテレビ見てて手汗がすごかった経験って何だろう?って思い出して、二つ浮かんだ。
昔、よく引田天功(プリンセス・テンコー)さんの命懸けの脱出をテレビでやってて、それをドキドキしながら見てた。手汗ベショベショで。
車で小屋に突っ込んでって、爆発する前に脱出とかね。あと、爆発する船から脱出ってのもあったな。そういったものをドキドキしながら見たのです。
あと、おかんが「川口浩探検隊シリーズ」好きで見てて、私もドキドキしながら見てた。音楽が怖いじゃん。ドキッとする。
(当時はやらせだと思ってなかったから、真剣に見てたのよ・・・)
いずれも80年代(子供の頃に見た)の番組なりね。今、こういう感じのドキュメンタリー(でいいのか?)ってないもんね。たまに「シルシルミシルさんデー」で藤岡弘、探検隊やってるけどさ(笑)