たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・5/8

実に面白い。

ガリレオ違い・・・)
(つーか、ドラマ見たことないくせに・・・)

おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「どうして君は他人の報告を信じるばかりで、自分の目で観察したり見たりしなかったのですか」

面白いですね、これ。何でしょう。
これは、イタリアの天文学者・哲学者であるガリレオ・ガリレイさんの言葉です。
ガリレオさんは望遠鏡を最も早くから取り入れた一人であり、自分の目で見ることを重視した人です。現場の重要性を説いた言葉はどんな仕事にも通じます。

なるほどね。自分でやんないとダメですっていうことです。何でもそうですよね。
なんか人から「これいいよ」とか「こういうことだよ」って聞いて、やっぱ想像するじゃない。で、自分に置き換えて想像して興味あるかないか、そこで判断することってよくあるよね。俺もよくある、そういうの。「えっ、これやったところで俺、楽しめんのかな?」。
でも、この仕事で結構いろんなことね、自分で意思じゃなくてもやることあるじゃない。これやってあれやって。で、自分の中で興味ないことでも、いざやってみると意外と楽しかったとか。僕も何個かありますよ。うん。だからね、勝手に判断しちゃいけないなって思いますね、いろんなことに。うん。
で、ここで一つ言いたい。釣りですよ。「釣りの何が楽しいの?」ってよく聞かれます。「とりあえずやってみて」って言いたい。とりあえず。でも、はまんなかったら、それはもう興味がなかったと。「釣りの何が面白いの?」って言われて。「釣れたときなの?」とか「釣ってるときなの?」「待ってるときなの?」とか。それも全部楽しい。ようは、船の上にいるだけで楽しいわけです。
そこで、疑似餌、ルアーで魚と僕との勝負の、そういう釣りもある。餌で釣る釣りもあるし。それも駆け引きであるわけですよ。うん。だから、こっちが仕掛けを誘って誘って、魚がそれに騙されて食い付いたら、僕の勝ちなわけですよ。っていう楽しさもある。そういう楽しみ方もある。
ああ、もう時間かな。ええ。だから「釣りって楽しいの?」って思ってる人は一回やってみよう。
以上、大野智でした!(笑)

(BGM「目指した未来へ」)



今までいろんな仕事してきてるもんね。幅広く。
ふと、「まごまご」のボート部を思い出しましたよ。仕事の合間を縫って練習してましたね。
あとは、クレーム対応したり・・・って古いか。ねぇ、土下座したりさ。
さらに、男の人とキスしたり、人妻に押し倒されたり、同棲相手に押し倒されたり、酔っ払いに押し倒されたり・・・ってなんなんだ、この内容(笑)
(酔っ払いのやつは別にああいうアレ(なんじゃそりゃ)ではなかったんだけど、一緒にしてしまった)
まぁ、他にもいろいろやっとるわけですね、この人。そして他4名も。これからもいろいろやるんでしょう。いろいろ。

仕事といえば昨日のドラマですよ。
何ですか、あの最後の微笑みは。さてはチョコレート好きだな!?(いや、そうじゃなくて・・・)
「あっ、この人、鍵開ける以外でも微笑むんだ」って思いましたよ。キャー(≧∇≦*)
もうステキすぎて、むかつく。でも好き(なんのこっちゃ)