たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・4/24

姿形ではなく美しい心をお持ちなさい。心にシワはできませんわ。
ドラクエⅢ・イシスの女王)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「16歳で美しいのは自慢にならない。でも、60歳で美しければ、それは魂の美しさだ」

はぁー、なるほど。いい言葉ですね、これね。
これはですね、イギリスの科学者である作家のマリー・ストープスさんの言葉です。

ああ、なるほど。16歳だね。でも美しいですよ。ただ人生の美しさっていったら60歳ですよね。うん。いいこと言ったね(笑) ええ。まぁ、でもホント人生の先輩いっぱい僕も知り合いとかいますけども。
そう、この間ね、ドラマで一緒にやらしていただいてる佐藤浩市さん。浩市パパとね、ロケだったの。ちょうど待ってる所にテレビがあって見てたら、ちょうどね、歌番組やってて郷ひろみさんが出てたの。花道みたいな所があって、間奏ぐらいからか忘れたけど、ダッシュで走ったのよ。それ見て「すごいな」と。歌って踊った後、間奏思いっ切り走って、お客さん盛り上げて、その後、また歌って踊るんだよ。
で、郷ひろみさんだって、もう50過ぎてるし。で、浩市パパも50過ぎてるわけ。浩市パパが言った一言、「うわ、すごいな」。俺にはできないぐらいのことを言ってて。で、そう比べたら「あれ?待てよ」と思って。上島竜兵は51歳かそこらで。竜さんダメかなと思って(笑)
そういえばね、「怪物くん」のとき走ってたね。シーンで。そんで、俺が先に走って、やっしー(八嶋智人)も走って、お供も走るっていうところで。で、俺は芝居の中で結構猛ダッシュしなきゃいけなくて。それで「坊ちゃん待って下さい」ってお供が来るときに、竜さんどんどん遅れてったの覚えてる。で、最後言われたもん、終わってハァハァ言って「お前早えーよ、バカ!」つって(笑)
まぁね、そういうね、歳は関係ないですけどもね、そんな。いやー、でもやっぱすごいですね。そういう大人になりたいと思います。
以上、大野智でした!

(BGM「Monster」 郷ひろみ「GOLDFINGER '99」)



今日の話、竜さんが出てくると思ったのよ。なんとなく。
ところが、佐藤さんと郷さんの話だったから、「あ、違ったか」って思いながら聞いてたら、いきなり出てきた!
同じ年代の3人なのに、そうは見えない・・・(笑)

そんでもって、大野くんは佐藤さんのこと「浩市パパ」って呼んでるのか。面白いなぁ(笑)
じゃあ私は大野くんのことを智って呼ぶ(馴れ馴れしい)
(何がじゃあなのか)

嵐さんはどんなに歳を取っても、若々しい感じがするのよね。
そりゃ、デビュー当時から比べたら変わったなってのはあるけど、老け込んだ感じがしない。
この先も元気に活躍してほしいですね。私も元気でいないとね。彼らの活躍、ずっと見続けたいですもの!