たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・3/13(栗原さん&リスナー編)

この日に出演したリスナーの方から、「栗原さんと私のやりとり記録してますか?」ってメッセージをいただきました。
出演することになって動揺して、何話したか覚えてないそうで・・・。
そうよねぇ、生放送に出演って緊張しますよね、それは。

私はレポを書くために「ARASHI DISCOVERY」を録音してて、大野くんのトークだけでなく栗原さんと出演者のやりとりも録音してます。
というわけで、この日の栗原さんと出演者のやり取りを文字にしました。説明するより、文字起こして載せた方が分かりやすいと思うので。

というわけで、以下は3/13放送の栗原さんと出演者のやりとりです。
(栗:栗原さん 美:出演者の美月さん 大:大野くんのロボットボイス)


栗:さぁ、今日の大野くんのコーナーは中学2年生の美月ちゃんです。美月ちゃーん♪
美:はい。
栗:おはようございます。
美:おはようございます。
栗:当たりましたよ。
美:はい、嬉しいです!
栗:ああ、良かった!じゃあ、「大野くんカモン!」って言っちゃって♪
美:大野くん、カモン!

大:おはようございます。
美:おはようございます。
大:嵐の大野智です。
美:○○区の○○です。(※地名と名字を伏せました)
大:今日の朝ご飯は何?
美:たぶん、まだ食べてないんですけど、朝からお汁粉になると思います。
栗:えっ・・・。
大:いいですねー♪
栗:何、美月ちゃん家はお正月?
美:いや、そうじゃないです(笑)
栗:美味しそうだなぁ。
美:(笑)
栗:甘い物はね、ワタシも好きなんですよ。
美:はい。
栗:そこで問題なのはね、粒あんかこしあんかですよね。
美:はい(笑)
栗:ええ。じゃあ、美月ちゃんも好きなのがあるよね、どっちか。
美:はい。
栗:こしあんか粒あんかね。せーので言おうか。
美:はい。
栗:一緒になったらいいね。いきますよ。せーのっ、こしあん。
美:粒あん。
(ブーッ)
栗:まぁ、趣味は合わなかったけど、お互いお汁粉好きってことでよろしくお願いしますね。
美:はい。

大:今日の予定は?
美:合唱コンクールがあります。
大:頑張って!
美:はい。
栗:へぇ、歌歌ってるんだ?
美:はい。
栗:へぇ。キーは何ですか?
美:キー?
栗:質問が変だったな。パートって言うのかな?
美:パートっていうか、私、伴奏します。
栗:あっ、演奏ですか。
美:はい。
栗:あら、楽器は何ですか?
美:ピアノやります。
栗:ピアノ弾けるの!?
美:はい。
栗:朝からお汁粉もいけて。
美:はい(笑)
栗:最高だね。
大:いいですねー♪
美:はい(笑)

大:将来の夢は?
美:将来の夢は獣医さんになりたいです。
大:応援してるよっ♪
美:ありがとうございます。
栗:どうしてですか?
美:飼っていたウサギが死んじゃったからっていうのもあるんですけど。
栗:あららら、かわいそうに・・・。
美:はい。動物が大好きなので。
栗:きっかけは何ですか?
美:きっかけは、もう小っちゃい頃から好きですね。
栗:動物が好き。
美:きっかけとかないと思うんですけど。
栗:じゃあ、あれじゃない?もしかして「富士サファリパーク」に行って「近すぎちゃってどうしよう」とか思っちゃったのがきっかけとか(笑)
美:(笑)
栗:近すぎちゃってどうしよう~♪(熱唱)みたいな。結構気合い入った歌い方してますよね。あのCMね。
美:はい(笑)
栗:どっちかっていうと、かなり好きです。分かりました。では、美月ちゃんが近すぎても大丈夫なような獣医になれるように。
美:はい。
栗:大好きだという大野くんがエコーつきで。
大:応援してるよ~♪(エコー)
美:ありがとうございます。
栗:はい、良かったです。お汁粉、獣医、今日弾くピアノ、今この目の前にいるバーチャルの大野くんですね。
美:はい。
栗:今、どこにモードが一番いってますか?
美:・・・もう一回言ってもらってよろしいですか?
栗:いいです、たいしたことではございません。
美:はい(笑)
栗:MOスタートでいきましょう。一人で言いますか?誰かと言いますか?
美:あっ、一人で言います。
栗:どんぞ。
美:MOスタート。

(大野くんのトーク)

栗:はい、大野くんでしたー。さぁ、電話口の美月ちゃーん♪
美:はい。
栗:まさに大野くんのコーナー、ロボットボイスで会話をし、ここまできてるわけですが。
美:はい。
栗:今の気分はどうですか?ノッてるかーい?
美:ノッてます。
栗:イェーイ♪出演っぷりはきわめて順調ですからね。
美:はい。
栗:この後はメッセージ、もしくは夢を語ってもらいます。
美:はい。
栗:その後のワタシの盛り上げはどうでしょうか?何にしようか、盛り上げる話は。
美:盛り上げの話は、今日の合唱コンクールの。
栗:上手くできるようにだよね。
美:はい。
栗:おまじないをかけた方がいいのかな、じゃあ。
美:はい、お願いします。
栗:分かりました。ちなみに曲は何ですか?
美:曲は「PIKA★★NCHI DOUBLE」です。
栗:「PIKA★★NCHI DOUBLE」、嵐の。久しぶりですね、「PIKA★★NCHI DOUBLE」ね。デビュー当時の曲じゃないかなぁ。
美:いや、そんな・・・。
栗:ああ、そうですか。
美:はい。
栗:美月ちゃん、2004年?2004年だそうです。8年前。8年前は美月ちゃんは何歳ですか?
美:8年前は6歳ですね。
栗:(鐘を鳴らしながら)はい。おじさん36歳の頃でした。
美:はい(笑)
栗:さぁ、それでは(笑) どうしようかな。ピアノ、何盛り上げにしようかな。やっぱりじゃあ、栗原電気本店でいきましょうかね。
美:はい。
栗:ええ。えーと、合唱コンクールはさ、何の曲を演奏するんですか?
美:日本の歌メドレーみたいな。
栗:あら。例えばどういう曲ですか?
美:「どこかで春が」とか「春の小川」とか。
栗:うわ、懐かしい!どーこーかーで はーるーが♪
美:はい、それです。
栗:で、「春の小川」は、はーるーの おーがーわーは♪
美:はい。それを春夏秋冬ってやるんです。
栗:春夏秋冬ってあれ?(何やら口ずさむ。どうやらHilcrhymeらしい・・・)
美:あっ、あの、春の歌、夏の歌、秋の歌、冬の歌。
栗:あーっ、了解。分かりました(笑)
美:6曲ぐらい。
栗:なるほど、分かりました。Hilcrhymeじゃないってことですね。
美:はい(笑)

大:この後、誰かにメッセージを送る、もしくはアナタの夢を語っていただきます。どちらにしますか?
美:メッセージを言います。
大:それでは、メッセージを送っちゃいましょう!どうぞ!!
美:2-Cのみんなへ。今まで練習の中でいろんなことあったけど、伴奏者と指揮者のみんなについてきてくれてありがとう。怒っちゃったこともあったけど、ごめんなさい。最高の思い出にしようね。
栗:いいメッセージですね。
大:いいですねー♪そのメッセージ、きっと届きます!

(BGM「天国と地獄」)
栗:いらっしゃいませ、いらっしゃいませ。栗原電気本店、久しぶりに開店しました。ご来店まことにありがとうございます。
早朝営業、本日、合唱コンクールがあるにもかかわらず、美月ちゃん、本日ご来店。そして、この後ピアノの演奏。弾く指の動きが精度が増してく、上手に弾ける確率、二割三割五割増し、ポイント還元。
そうすると、どーこーかーで はーるーが うたーってるー♪みんなの声の冴え具合が、二割三割五割増し。春の小川も二割三割五割増し。
そうすると四季折々の歌の艶やかな響きが二割三割五割増し。「怒っちゃったこともあったけど」って先に謝って好感度アップな確率、二割三割五割増し!それでいいんだよ、人間は。
応援してます、頑張って下さいね。ご来店ありがとうございました♪

大:それでは、リクエストの曲紹介をどうぞ。
美:嵐で「PIKA★★NCHI DOUBLE
栗:OK!じゃあ皆さんによろしくお伝え下さい。
美:はい。
栗:どうもありがとうございました。
美:ありがとうございました。
栗:頑張ってねー!
美:はい。
栗:お汁粉パワーで!
美;はい。
栗:粒あんだぜー!


以上、栗原さんと出演者・美月さんのやりとりでした。緊張してるのが伝わってきます。
こんな感じでいかがでしょうか?合唱コンクールお疲れ様でした!

「富士サファリパーク」を熱唱する栗原さんが面白くて。うん、あの歌は気合い入れて歌うよね(笑)
あと、「春夏秋冬」で私はHilcrhymeよりも泉谷しげるさんを思い出してしまってね。最初、栗原さんが何歌ってるか分かんなかった(おい)

ちなみに「PIKA★★NCHI DOUBLE」が発売された年、おばちゃんは29歳でしたー。あっはっは。
そういえば8年前の今頃は「ピカ☆☆ンチ」公開中でしたね。もちろんグローブ座へ見に行っただよ。懐かしい。