たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・6/27

さわやかに みつめあい
さわやかに 信じあう
今日も明日も ありがとう

水前寺清子「ありがとうの歌」)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

感謝感激雨あられ

これはもうね、いい言葉にしか聞こえないですよね。
これはですね、非常にありがたい気持ちを表す言葉です。親しい間柄の相手に少しおどけて言う時に使われる言葉です。

そう、嵐の曲にもね、似たようなタイトルありますよね。4枚目のシングルですかね。ジャニーさんが考えたんですけど。
(スタッフに)えっ、知らなかったの?社長ですよ、これ。
「感謝カンゲキ雨嵐」(笑) すごいよね、これ。ホントにすごいよね。
まぁ、それはさておき。ねえ、ちょっと、週末にチャリティイベントね、やりまして。参加して下さった皆様、ホントにね、わざわざありがとうございました。で、「感謝感激雨あられ」です。ええ。
そしてね、もう一つ感謝したいことありますよ。これ、「ニッポンの嵐」。ねっ。「ニッポンの嵐」というね、僕らが旅をして作った本なんですけど、これがね、なんとポケット版の「ニッポンの嵐」が6月30日(木)に発売ということでね。これ、2010年秋に全国小学校、中学校、高校と学校図書として謹呈した書籍をポケット版にして発売いたしまして。これ1冊1000円となっておりますね。
僕はね、青森に行ったんですけどね。でも初めてかな、ちゃんと青森に行ったの。奈良美智さんの作品も観に行ったり。奈良さんのふるさと、弘前にも行きましてね。ええ。まぁ、その青森が僕、この「ニッポンの嵐」には僕が青森行ってますんでね。いろいろね、スプーンとかも作ってね、結構満喫できたんでね。是非とも読んでみて下さい。
以上、大野智でした!

(BGM「感謝カンゲキ雨嵐」)



すごいよねぇ、「ニッポンの嵐」。何がすごいって、学校図書なんだぜ。
去年の秋にこのニュースを知った時、嵐さん達の存在の大きさを感じましたね。元々大きいと思ってるけど、改めて。

この件に関してぶっちゃけると、寂しい気持ちもあった。読めるのは学生さんに限られるわけじゃん。それが目的で作ったんだろうけど、やっぱり30半ばの大人も読んでみたいって気持ちはあるわけで・・・。
それだけに、ポケット版が発売されると知ったときは嬉しかったね。もう目にすることはないだろうって諦めてたから。嬉しい!
これこそ「感謝感激むにゃむにゃ」です。3日後が楽しみだわ~♪

そうそう、感謝感激といえば、昨日ですよ。
嵐学校でたくさん大切なことを教えてくれた、"先生"達。
開演前、終演後に会って話した友達。
大野先生が授業のまとめで「大切な人にありがとうをたくさん伝えよう」って言ってたけど、ホントその通りだと思いました。
どうもありがとう。"先生"達と友達に会えて嬉しかったし楽しかった。

・・・いや、感謝すべきなのは昨日に限ったことではなくて。
日頃から支えてくれる友人達、家族、身内、幼稚園の先生、病院の先生、療育の先生、ブログやTwittermixifacebookで繋がってる人達。
そして・・・嵐さん達も。
みんなの存在や言葉を励みに、私は前に進んでいくことができます。本当にありがとう。