たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・6/17

今日はドラマ・映画の問題です。
いやー、ドラマ「怪物くん」お疲れ様でした。見て下さった皆様、ありがとうございました。大変だったけど楽しかったザマス。
さて、写真や映画を撮ることを何というでしょうか?
次の三つの中から選んで下さい。

1:さつえい 2:うんえい 3:すいえい

答は1番のさつえい(撮影)です。
東映の時代劇や任侠映画を陰で支えてきた俳優と殺陣師の集団「東映剣会」が、高齢化と後継者がいない問題に直面しているそうです。一方で、職人肌の殺陣の技術集団として脚光を浴びていて、存続に向けて東映京都撮影所がPRに力を入れ始めたということです。


あぁ。殺陣の面白さってあるんですよ、ホントに。あれね、女の人でも憧れますからね。黒木メイサちゃんもそうですよ。「殺陣好き」ってね。この間ね、ちょっと前に「(ひみつの)嵐ちゃん!」でね、メイサちゃんが来て、そんで殺陣を披露してくれたの。その殺陣師、僕と知り合いなの。僕が16歳の時、京都にいた時にずっと面倒見てくれてた人で。うん。
最初ね、何言ってるか分かんないんですよ。「腰入れろ」とか言われて、16歳の時に。「腰入れろ?何をどう腰を入れるんだ?」っていう。そこからね、壁にぶち当たりますけど。やればやる程できるようになったりしますしね。うん。殺陣は難しいです。僕もまだ全然ね、自分で納得いかないんですけどもね。
えー、全国の男子諸君、殺陣は人生で1回は経験すべし。
以上、大野智でした!

(BGM「To be free」)



黒木メイサさんが「嵐ちゃん!」で披露した殺陣、すごかったなぁ。
いや、すごいというより格好良かった!見入ったもん。

大野くんの殺陣だって、もちろん格好良い。
私が初めて見たのは「センゴクプー」だったんだけど、とにかく軽々と動く姿に感動したのでした。この人に重力はないのか!?とさえ思った(言い過ぎ)
あとは初めて生で大野くんを見て感動したね。「ああ、逢えた(涙)」って。あれから7年か・・・。
(余談ですが、「センゴクプー」は私にとって初めて見た嵐さん関連のイベント。ファンクラブ入会して、初めて届いた会報にセンゴクプーの申し込みが載ってたのでした)


★本日の提言
「えー、全国の男子諸君、殺陣は人生で1回は経験すべし」
大野くんに憧れてる男性ファンが今日のラジオを聞いて、「俺も殺陣やってみたいな」って思ったかもしれないね。
「大野くんに憧れてる男性ファン」といえば、私の中で真っ先に思い浮かぶのが知念くん。いつか舞台やドラマで共演して殺陣を披露、ってこともあるかも。何が起こるか分かりませんからね~。


★本日の参考文献
京都新聞 求む! 切られ役 東映京都撮影所「剣会」