読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2017/03/31

湿っぽくなっちゃうから、「さよなら」は言いません。

「じゃ、またね」

 

 

 

大:大野くん

デ:ディレクターのアオキさん

 

 

  

(初期に使われていた、『a Day in Our Life』のジングルが流れる)

 

大:アハハ。新鮮だな(笑) 初めてだ。

おはようございます。嵐の大野智です。

14年半、続けさせていただいた『ARASHI DISCOVERY』も今日が最終回となります!

スタジオにいる金曜日担当の落合(隼亮)さんもありがとうございました。

 

大:さぁ、ということで、何しましょうか。

デ:好きなこと言っていい?

大:あっ、何か聞こえましたね、今、声が。なんと、14年半、共に続けてくれたディレクター・アオキさんです(拍手)

デ:どうも。皆さん、はじめまして。

大:堅い堅い(笑)

デ:(笑)

 

大:この間ね、食事会ありましてね。

デ:皆さん含めて。

大:皆さん、スタッフさんも含めて食事会。焼肉食べましたね。

デ:食べましたね。

大:ええ。

デ:美味しかったですね。

大:美味しかった。そのときに「最後何やろうか」と言ってましたけど。「アオキさん出よう」と。「14年半もずっと一緒にやってきて1回も声聞けないのは僕は寂しい」と酔っ払いながら。

デ:(笑)

大:すみません、酔っ払って(笑)

デ:(笑)

大:叶いました。一番最後に。

デ:何したらいいですかね?

大:何も決めてないよ。うちら何も決めてない(笑) ただ2人で出るっていうだけ決めただけだもんね(笑)

デ:決めたっていうか、決められたっていうか。

大:ごめんなさい。

デ:(笑)

大:だって14年半やってんだもん。

デ:まぁ、でも今までね、聞いてくれた皆さん。毎朝聞いていただいて、この場所作っていただいて、本当にありがとうございました。

大:ええ。

デ:で、じゃあ何するか僕、決めてきました。

大:え、決めたの?

デ:うん。

大:おっ、マジ?すごい。

デ:あの、時間の都合上、どうしてもカットしなきゃいけない

大:未公開シーンね。

デ:未公開シーンをちょっといくつか持ってきたんで。

大:おっ。

デ:2015年2月4日。天衣無縫って四字熟語なんですけど。

大:はい。

デ:お願いします。

 

(2015年2月4日の未公開)

朝から晩まで大野智は天衣無縫。

君の瞳に天衣無縫。

うほほうほほ天衣無縫。

ねっ。書いてあるから僕言ってるんだよ。

これはお蔵入りですか?(笑) お任せします。

 

デ:「お任せします」って言われたからカットしました(笑)

大:カットしたんだ。

デ:(笑)

大:これアオキさんが作ったでしょ。

デ:えっ!?

大:え、違ったっけ?

デ:えっと、じゃあ次いきます。

大:ダメだよ。言わせたがりだから(笑)

デ:2015年8月26日。これも放送されてない。

大:2015年?

デ:8月26日。

大:8月ね。

デ:効果覿面。どうぞ。

 

(2015年8月26日の未公開。カッコ内は現在の大野くんの声)

例えば、「ほら泣いているそこの君!元気を出すには嵐の曲を聴けば効果覿面!僕イケメン」と使います。

これは言いたくなかったけど書いてあったからさ。

これね、アドリブじゃない。もう酷いスタッフさんがいるんですよ。

(アオキさんだね)

こんなこと僕、アドリブで言わないもん。うん。

 

大:適当に書いたでしょ、これ。

デ:(笑)

大:何もなかったよ、今の。「僕イケメンでいいか」って書いたでしょ。俺言った。

デ:(笑)

大:そしたらカットされたよ。

デ:そうだね。

大:言わせておいて、やっぱ違うなと思ったでしょ、これ。

デ:いや、あの、編集しててすげー面白かったんだけど、時間の関係。他の話が面白かったんで。

大:あ、そうだ。

デ:こちらをカットしました。で、自分で楽しむっていう。

大:アハハハ(笑) なんか一時期こういうのあったよね。

デ:まだあるよ。

大:あんのかよ(笑)

デ:2015年11月24日。四角四面。お願いします。

 

(2015年11月24日の未公開。カッコ内は現在の大野くんの声)

父:よし、智、今日は遊園地で好きなだけ遊んでいいぞ。どれに乗りたい?

智:そうですね。では9時からジェットコースターに乗りましょう。

(覚えてない)

9時半からは観覧車、10時15分からはステージでショーがありますから、それを観て、10時55分にトイレ休憩を挟んで、11時からメリーゴーランド、お昼前にお化け屋敷ですね。

父:Hey,men ! 四角四面!

ええ、ちょっと久々のミニコントね、スタッフさんが考えてくれたんで。

カットしないでよ!ここまでやって。今、いいと思ったけどな。

 

大:これは良くないか?なんでカットしたの??

デ:いや、四角四面の他の話が面白かったから。

大:また(笑)

デ:もう1コあるんですけど。

大:もう1コあるんですか。

デ:2015年の1月19日。ちょっと時間戻るんですけど。

大:はいはい。

デ:品行方正です。どうぞ。

 

(2015年1月19日の未公開)

じゃあ、ここで僕、大野智の今年一番のラップをお見せしましょう。お聞きください。

ah,ah,yo yo

俺の行動いつも品行方正

いつも食い散らかすほど食欲旺盛

夜な夜なうごめく夜行性

あれせいこれせいahうるせえ

父母姉の家族構成

山崎邦生 今は月亭邦生

この原稿修正せえ もうちょっと直せ

俺の行動いつも品行方正 yeah

 

大:素晴らしくない?

デ:素晴らしい。

大:いろんなことやったと思うわ、本当に。えっ、でも印象的なことない?14年半やってて、このときの僕は酷かったとか(笑)

デ:酷くはない。酷くはないけど、やっぱ仕事上バラエティで

大:いろいろ重なってたり。

デ:そう、重なるじゃない。で、その合間にラジオ収録があったりもするから、結構ドラマの撮影の後にね、収録があって。

大:あったかー。

デ:パッて表れたときの。2008年だよね、あれ。『魔王』は。

大:『魔王』ね。

デ:『魔王』はすごい感情が激しいじゃない。泣いたり。

大:はい。泣いたりね。

デ:いろいろ心作ってる中で、撮影が終わってここに来て。で、たぶん心作るのも大変だし、抜けるのも大変だと思うんだよね。

大:ああ。

デ:そのままラジオやってたりするから、そのときはすごい大変そうだなっていうのは。

大:でも、この間、2008年の音声の締め方聞いたけど。2008年の。

デ:うん。

大:尋常じゃない変なテンションなの。

デ:(笑)

大:あれもうやっぱわざとやってたのかもね。逆に。

デ:かもしれない。

大:振り切っちゃってたのかな。

デ:うん。

大:そう、確かにそのままやってた。ああ。

デ:改めて聞くけど。

大:はい。

デ:楽しかった?ラジオ。

大:楽しかった。

デ:マネージャーさんの車で来て、どんな気持ちで入ったんですか?

大:いや、もうなんだろう。だって正直一番楽に来てる。だって別にメイクしなくていいし、私服でサンダルでいいし。

ブース入ったって寝転がってやってるし。うん。一番楽にやってた(笑)

デ:(笑)

大:うん。まぁ、でもちょっと確かに感じるのは、アオキさんと喋りに来てる感じもあるね、確かに。

ようは、だからね、2週間に1回ぐらい。で、2週間分を喋りに来てるって感じもあったかな。

デ:僕はもう2週間に1回、次の収録いつ決まりましたみたいな感じで。なんとなくの原稿は作るじゃん。

大:はい。

デ:で、それ作って何喋らせようかなってまず考えるわけですよ。

大:うん(笑)

デ:(笑)

大:なるほど。

デ:例えばテレビでこういうことをやってたから、こういう観念のこと喋れるかな?

大:ああ。

デ:ってなってくと、結構、毎日嵐のことばっかり考えていた。

大:いやー。

デ:大野智のことばっかり考えてた。

大:僕は一体何なの?(笑)

デ:言っていい?

大:言って。

デ:僕にとっては友であり。

大:うん。

デ:息子であり。

大:おおっ!

デ:弟である。

大:うわっ!なんか嬉しいな。

デ:って感じです。

大:あ、嬉しいな、今の。

デ:ご両親、すいません。

大:いやいやいやいや。なんかね、14年半ってもちろん付き合い長いけども、頻繁に会ってるわけではないけども、確かにそういう感覚はあるんだよね。

なんかそう、もう何だろう、たまに会える信頼できる親友感覚。うん。

デ:思ってくれてるんですか?

大:いや、もちろん。だって、それはなんだろうね。どんなときでも。どんなときの僕も全部知ってるはず。この14年半。だって絶対会わなかった年はないし。

僕もいろんなことあったけど、その状況をアオキさんは全部知っている。うん。だよね。全部ね。

 

デ:で、これからどうするの?

大:え?

デ:何やるの?大野智は。

大:別に何もしない(笑) 何にもしない。

いや、まぁ、ホントね、皆さんもね、いろんなルーティーンやら全てね、また変わってく中で、僕も変わるっつーか、変わるだろうね。

まぁね、14年半やりましたけど。皆さんホントにね、聞いてくださってありがたいですね。ええ。

デ:なんか最後、曲かけて終わりましょう。

大:そうですね、せっかくですから。

デ:何か選んでくださいよ。

大:これはアオキさん選んでください。

デ:いやいやいや、智ちゃん。

大:いやいや、ダメですよ。

デ:智。

大:いやいや(笑) 何でも呼び名はいいですけど。俺、アオキさんのこの14年半の想いの嵐の曲を聴きたい。

デ:『Hit the floor』です。

大:『Hit the floor』懐かしい。わしの曲だ。

デ:そう。

大:これは何故?

デ:いや、単純に格好いい。

大:おお。

デ:これの曲に一言だけいただいて。

大:『Hit the floor』懐かしいですね。あれはもう。でもね、楽曲、元々好きで。そんで、演出考える中で、まぁちょっとイケメン風には作っちゃったかもしれないですね。うん。

でも、振り付けも結構細かすぎず。とか、まぁいろいろ。細かくなった記憶もあるんですけどね。

僕もなんかあれ聞くと、当時の自分をすごく思い出しますね。うん。

でも嬉しいですね、『Hit the floor』って言ってくれて。じゃあ、これで締めますか。

デ:是非。

大:ええ。じゃあ最後に14年半、続けてきましたが、ここで終了ということですが。

まぁ、ホントにね、アオキさんも含め皆さんホントにありがとうございました。

そしてね、リスナーの皆さんも14年半、聞いてくださってありがとうございました。

最終回となりますが、ここで最後に1曲、アオキさんチョイス!僕のソロ聞いてお別れしましょう!

最後の曲は『Hit the floor』。では、またいつか。嵐の大野智でした!

行ってらっしゃい!

 

『Hit the floor』が流れる

 

デ:もう1コ言っていい?

大:はい。

デ:あの、ごめんなさい。ホントすぐ終わります。

大野智ソロアルバム作ってもらえませんか?

大:いやいやいやいや(笑) それはね、僕が言うことじゃない。

デ:ソロコンサートとかじゃなくて、ソロアルバムでいい。

大:(笑)

デ:歌フェチなんです、ワタクシ。

大:あ、そうなの。

デ:はい。これは僕の願いですね。

大:これはちょっとジャニーズ事務所さんに言ってください(笑)

デ:分かりました。

大:(笑)

 

(BGM 『a Day in Our Life』『LiVE / EViL』『曇りのち、快晴』)

 

 

 

最終回は、頭から尻尾までトークでした。リスナーの電話コーナーはなし。

アンコぎっしりの鯛焼きのような構成でした(よくわからん例え)

 

そんなもんで、長かったんです。曲を流すまでずっと2人で話して、曲の後におまけっぽくちょこっとって感じで。

そう、2人。最終回は大野くんと、ディレクターのアオキさんとのトークでした。

大野くんがアオキさんに出ようと提案したようで。そして、最後に流す曲はアオキさんに選曲してもらって。

大野くんらしいなと思いました。

 

アオキさんが大野くんのことを「友であり、息子であり、弟である」って言ってたけど、「ファンである」も付け足していいと思いました。

だってさ、最後に「ソロアルバム作ってもらえませんか?」って。ファン以外の何者でもないでしょう。私もソロアルバム作ってほしいと思ってるし。

頼むよ、ジャニー(馴れ馴れしいよ)

 

なんだかあっけなかったな。湿っぽくならず、いつものように。

それで良かったんだと思います。湿っぽくなると、おさどロスになるじゃん。もしくは、さとらじロスとかね。

余韻に浸るのは悪いことじゃないけど、引きずりすぎて日常生活に影響が出るレベルになるのはどうなのかと思うわけよ。

わたしゃ、妙に冷めたとこあるから、そういう捉え方してしまうのかもしれん。

あとは、ファン熱が少し下がってきてるのもあるのかもしれん。

 

今後、大野くんがどんな活動をするかは分からんわけで。

いつかまた、ラジオ番組やったらいいな、と願いを込めて、最終回のレポをしめさせていただきます。

 

大野くん、14年半、お疲れ様でした!

そして、レポを読んでくださった方、ありがとうございました。