読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2017/03/01

ARASHI DISCOVERY

黄色い帽子のおじさんおさるのジョージ)みたいにインパクトある服装の人だったら、一発で覚えちゃうんだけどね。

 

(なかなかいない、そういう人)

 

 

おはようございます。嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

 

「Those who do not remember the past are condemned to repeat it.」

 

これは、アメリカの哲学者、ジョージ・サンタヤーナさんの言葉です。

日本語に訳すと「過去を覚えていない人間はそれを繰り返す運命にある」となります。

歴史は繰り返すから努力してもダメ、という悲観的な意味で捉えられることもあるということですが、失敗があってもそれを教訓に未来に活かせばいいんですということです。

 

なるほど。まぁね、記憶、覚えてないっていう。だから、そんなに重要さを感じてないってことですよ。

だから僕もよく足ぶつけるじゃないですか。で、1回ぶつけたのにまた繰り返すじゃないですか。繰り返すってことはもう二度とそんなことはないだろうと勝手に思っちゃってるわけですよね。うん。まだ身体が覚えてないんですよ。

本気で痛かったら、もう二度とぶつけないから。まぁ自分の中で痛いけど、まさかもうないだろうみたいなことですよ。ええ。

 

でも人それぞれさ、面白いのが記憶してる場面とかいろんなのが違うじゃない。

僕はね、人の名前と誕生日が覚えられないのね。でも顔だけは覚えてる。

あとね、例えば友達とかスタッフさんを含めね、「あ、久しぶり!」とか言って。「え、ホントに覚えてます?」って言われて。

「覚えてるよ。だってあのとき黄色い服着てたじゃん」「えっ、そんなとこ覚えてるんですか?」とか。「そうだよ、着てたじゃん」。

僕、服、結構覚えてる。うん。服に興味ないのに。不思議なの、これは自分でも。色かな?うん。色で覚えてるのかな?あのとき、あの格好してたじゃんね、とかね。

だからね、翔くんによく言われる。「なんか記憶してるところが特殊だよね」って。確かにそう思う、自分でも。

翔くんはなんか、そのときの話した内容とか蘇る。まぁ、それが普通なんだけど、僕はなんかそのときの履いてた靴とか。「あのとき、ああいうブーツ履いてたよね」とか。なんか変なとこ記憶してる。

でも、そこに意識を持って見てるわけでもないんだけど。不思議なんだよね。

 

あとね、一番最初のこの番組をやり始めてのね、最初の打ち合わせはちょっとオシャレなカフェだったよね。なんか天井高かったよね。そういうの覚えてる。

あと公開放送のときも。Fヨコの。すっごい恥ずかしかったのとか覚えてるし。そのときお客さんでバーッていた中ですごい身長が高い男性の方が僕の顔見てニヤニヤしてたの覚えてる。うん。短髪のね、人だったとか覚えてるもんね。

だから人それぞれ記憶してるのが違うんだろうね。それが面白いなと思いましたけどね。うん。まぁ僕もこれからもたぶん、いろんな服の記憶を覚えていきます。

以上、大野智でした!

 

(BGM 『Bad boy』)

 

 

 

前々から、大野くんが見ている風景は違うんだろうなと思ってたんですが、ホントそうだなと思った今日のトークでした。

物事の捉え方は人それぞれ違いますけど、それを強く実感したというか。

 

私は人の服よりも顔で記憶しますね。ただ、それでも記憶力はあんまりないのだけど。

一度会ったことある人とか忘れてることあるしね・・・。失礼な話だけどさ。

 

ちと前に、知人が職場(飲食店)に来たんです。お客さんでね。

知人と一緒にいた人が思い出せなくてね。どこかで会った気がするような、しないような。

ホント、人のことちゃんと覚えないといかんなと思います。っていうか、もっと人に対して興味を持たないといかんなとも思う。詮索ババアにならない程度に。