読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2017/02/09

ARASHI DISCOVERY

 詐欺にあったようなもんですが、美少年に罪はないので無罪です。

(バカ)

 

 

 

おはようございます。嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

 

「無念無想」

 

おお。

これは、一切の邪念から離れて無我の境地に到達した状態を表す四字熟語です。

 

おお、いいですね。かっこいい。

愛知県のリスナー、サエちゃんから教えていただきました。メールを読みますと、

「私は中学、高校の6年間、弓道を部活でしていて、この四字熟語は弓道をやるときに心掛けていたものです。

少し前の雑誌『non・no』で相葉くんと弓道していましたね。弓道をしていた者として、とても嬉しかったです。

弓道は初めてやったと思いますが、どうでしたか?」

おお。確かにね、難しかったね。結構やってる方いるんだね。ちょっとメール二つほど紹介します。

 

ミサさんから。

「私は去年まで弓道部に所属していました。的に当たったときのスパーン!って音が大好きでした。

たった5分のレクチャーであの佇まいができてしまう大野くんはホントにすごいなと思いました」

いやいや、あれできてない(笑)

 

続いて、レノンちゃんから。

「雑誌で弓道やっていましたね。私は弓道部なので、弓道をやっている姿を見れてとても嬉しかったです。

冬と夏では引きやすさが違うので、夏にも挑戦してみてください」

そうなんだ。夏のが軟らかいでしょ。へぇー。

 

いや、そう。相葉くんとやったんですよ。ただね、まぁムズい。ようはね、僕、猫背だしね。「もうちょっと背筋を伸ばして」って何回も言われました(笑) ええ。直されて。

そんで、弓を引く。やっぱ力要る。で、そういう引く力ってあんまりやってないからかな。すごい疲れちゃってプルプルして。しかも、撮影だから弓を引いた状態で待機してなきゃいけないの。

そんでね、あんな何メートルかな、あの距離。20メートルぐらいあったっけな?その距離で的に当てるんだけども、初心者、絶対当たんないね。届かない。だって届かないんだよ(笑)

で、うちらは的にやっぱ当ててみたいからって、距離感で言ったらね、2メートルないぐらい。近っ!でしょ。それでも当たんないんだから、的に。うん。

ちょっとね、まっすぐやったらダメなんだって。ちょっと左に傾けてやると、まっすぐの的に当たるんだけど、それすらできない。当たんないの。

そんでまぁ、何回か当たったけど、それは気持ち良かった。ただ、こんな難しいんだと思って。

だから、やっぱり「生徒達の的に当てる姿を。撮影終わった後見てみたい」って言って見せてくれて。2、30メートルから離れた所からガッツリ的に当たりましたね。あれはすごかった。

でも、あのときのね、矢を放つ間のね、静かになった空間は緊張感ありましたね。まさに無念無想でしたよ。すごかった。

でも、無念無想っていう言葉いいね。一切の邪念から離れて無我の境地に到達したときに魚は釣れるんだと思いました。

以上、大野智でした!

 

(BGM 『Don't You Get It』)

 

 

 

 ちょっと一言よろしいかしら。

 

智、それ弓道の話題やない。

釣りの話題や。

 

・・・すみません、こういうの言ってみたかったんです。

あと、『火垂るの墓』見たことない(おい)

 

でもホント、最後にサラッと言いましたからね。釣りの話を。

散々弓道の話をしといて釣りの話ですよ。あまりにもさりげなさ過ぎて、文字起こしてなかったら騙されてたかもしれない。

朝の詐欺師である。

(なんじゃそりゃ)