読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2017/02/08

 自転車で「メッセンジャー三浦」を思い出したのは私だけではないだろう。

たぶん。

 

 

 

おはようございます。嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

 

「好きな人みんな自転車で行ける距離に住んでいたらいいのに。嘘ついてたまたま通りかかるのに」

 

なんかいいじゃない。なかなかこういうのないんじゃない。久々じゃないですか。

これは、大阪府出身のフォトグラファー、蒼井ブルーさんの言葉です。

 

福岡県のリスナー、アカリちゃんから教えていただきました。メールを読みますと、

「私は去年まで勤めていたアルバイト先で同期だった男の子に片想いをしてしまいました。

でも、彼に会えるのはアルバイトで出勤日が一緒になったときだけ。家もお互い離れた場所に住んでたので、仕事以外で会うことはありません。

結局、私は想いを伝えられないまま、そのアルバイト先を辞めてしまいました。だから今となっては私がお店に顔を出さないと彼に会うことはできません。

そんなときに、この蒼井ブルーさんの言葉を知って、「まさに私の気持ちを言ってくれてる」と感じました」

おお。うん。○×△□※*1 ええっ!?(笑) おじさんじゃん、今の。ええ。

まぁ、でも、そういう。いや、それだけでいいんじゃないですか。逆にね。歳とったときに「ああ、なんかあのままで良かったんだ」とか思ったりするんじゃないですか、逆に。

自転車でね、お店の前通って彼がいたら、でいいんじゃないですか。ねっ。うん。

 

まぁね、そういえばだよね。自転車って去年乗ったか。ドラマ*2でも乗ったし、アリーナツアー*3でも乗りました。

「あれ?」って思うでしょ。アリーナツアー。本番見た方は「そういう演出あったっけ?」って思うでしょ。違うんですよ。

結構ね、アリーナツアー始まって、そんではけて。例えば本ステージがあるでしょ。そんでセンターステージがあって、で、反対のBステージと呼ばれるものがあって。

で、Bステージからはけて、次の曲は本ステージで出なきゃいけないときに、正直時間もないし早着替えもしなきゃいけないので。

ようは会場の外を走って戻んなきゃいけないじゃない。でも、走ってちゃ間に合わないと。そのときに嵐5人で自転車を乗って裏移動してるんですよ。

そう、アリーナツアーは特にそれがあって。知らないスタッフさんはビックリしてましたね。「えっ!?なんでこんな華やかな衣装着て自転車思いっ切りこいでんだ、この5人は」って顔されましたね。ええ。

いや、でも、なかなかそういうときじゃないと最近では乗らないですからね。うん。ドラマとかね。ええ。非常に楽しかったですけどね。

 

あっ、乗ったわ!映画*4終わって、去年ね。撮影終わって実家に帰って。そんでね、自転車乗りたくなって。親の自転車借りて実家散歩したわ。すっごい楽しかったの覚えてるわ(笑)

そうだ、それ乗った。結構乗ってるわ。ちょっと今年も乗りますわ。実家帰ったら恒例にします。

以上、大野智でした!

 

(BGM 『アオゾラペダル』)

 

 

 

今日の一言はこれですね。

 

 

なんだか切ないね。

結婚して以来、恋愛とは無縁の日々を送ってるから(縁があるのもどうかと思うが)、なんか忘れかけてた気持ちを思い出させるような、そんな一言。

 

最近、恋愛事情を目の当たりにすることがあってね。

そういうの目に入ったときは見て見ぬ振りしてる。ああ、そうなんだ、って淡々と。

そういった物事を目の当たりにしたときに思うのは、「やっぱり悲しいより楽しい方がいいよね」ってことです。

泣いてるより笑ってる方がいいもんな。そりゃ絶対に。

*1:聞き取れない。

*2:『世界一難しい恋』

*3:『ARASHI "Japonism Show" in ARENA』

*4:『忍びの国』