たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2017/02/02

よく言えばチャレンジャー、悪く言えば無鉄砲。

 

(よくもまぁ、いろんなこと思いつきますよ。次から次へと)

 

 

 

おはようございます。嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

 

「Every exit is an entry somewhere else.」

 

これを聞き分けられる人いるかな、今の。

これは、チェコのユダヤ系の家系の世界的な劇作家、トム・ストッパードさんの言葉です。

日本語に訳すと「全ての出口はどこかに通じる入口である」となります。

 

そうだね。今、この言葉を日本語で言うと「全ての出口はどこかに通じる入口である」(かっこつけながら) あるがelseじゃない(笑) ねっ。まぁ、こうなりますよ。

まぁ、でもね、入口出口ってさ、誰が決めたの?その入口が出口だっていうじゃない。だって出入りするんだから。

入口は入口だけじゃないよね。出入り口だね。うん。そういうことです。

 

まぁ、でもね、どうやってね、あれだよね、よーく考えたらいっぱいある、ドア。

うちだって、まず入って1個、で、リビングまでに1個。で、寝室のドア1個。うん。なんだかんだ結構ある。うん。

僕ね、癖でね、ドア開けてキッチリ最後まで手で閉めないの。ドア開けて軽く手でヒュッてやって、カシャンって閉まるのが好きだね。

でも、それもあって。あんま強くやるとバタン!ってなっちゃうから、それはちょっと嫌だ。

でも、ドア開けてちゃんと閉めるまで手で握って閉めるとか、ガチャッと開けてカチャって閉まるでしょ。そんくらいになりたいから調節してやるね。

開けて手をヒュッてやってカチャって、これが気持ちいいわけ。最後は握ってない。うん。そういう楽しみをね、作るよね、僕は。勝手にやってる、そういうの。

 

で、この間、初めて試みようと思ったのがソファで寝る癖があるでしょ。ソファでボケッとしてて、そんでソファのもたれる上に乗ってみようと思ったら、ソファが傾いてコケそうになってやめた(笑)

なんか、そういうのやりたくなる。1回上乗ってみようかな(笑) そしたらね、危なかった、ホントに。あれひっくり返ってたらケガしてたね。うん。

なんか、そういうの昔からやりたがるんだよね。うん。って感じ。最近の僕はそんな感じ。定点カメラ置いてたらホントに飽きないよ、僕の動きはたぶん。うん。いきなり葉っぱ蹴ったりするからね(笑) ええ。

いきなりね、床で大の字になったりするんですよ。暇なときは。ずーっとソファにいるのも飽きるから、いきなり床で大の字になりたくなったりね、するんです。ええ。

今年もいろんな伝説が生まれますよ。期待しててください(笑)

以上、大野智でした!

 

(BGM 『復活LOVE』)

 

 

 

ちょっとハッキリ言ってよろしいかしら。

 

聞き取れるか、こんなの!!!!!

(暴言)

 

今まで何度も英語の一言はあって、結構苦戦しますが、ようやく少し慣れてきたんですよ。

(それでも間違いが気になって調べてからアップしてるので、時間はかかりがちなのだが)

ホントね、今日みたいなことされるとイラッとします。マジで聞き取れない上に作業が進まない。

 

いかん。イライラしすぎだ。

牛乳飲もう。

 

イライラした後に、「入口出口ってさ」って言われたもんだから、田口くんを思い出したじゃないか。

心和んだので許す(偉そうな上に自分勝手)

 

あとね、ソファに乗って危なかったってのがなんとも。子供か(笑)

いろんな伝説作るのはいいけど、ケガに気をつけてほしいですね。ええ。