たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2017/01/25

注意力と消臭力は似てる。

(どこが)

 

(共通点が、さんずいと力だけじゃねえか)

 

 

 

おはようございます。嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

 

「音に心を注ぐ力」

 

おお、キレイですね。

 

これは、リスナーの大野くんの歌声にいつも癒やされてますさんから教えていただきました。メールを読みますと、

「この言葉は、私が高校生の頃の吹奏楽部の顧問の先生が仰った言葉です。

音に心を注ぐ力と書いて「注意力」となります」

ああ!ホントだ。

「日常の足音など細かいところにも気を配ることで注意力がつき、演奏する際にも音に心を捧げることができるということです。

大野くんの歌やダンスを見る度に、一つ一つの音や動作に心が注がれていることが伝わってきます。

普段から歌やダンスのために何か日常で気をつけていることがあれば教えてください」

なるほどね。これいいね。音に心を注ぐ力と書いて注意力。これいいな。

でもさ、よくさ、踊りやってる人とかさ、音楽流れると勝手に踊り出すよね。うん。あれなんだろうね。癖なんだろうね。うん。

でも、そういうのが、なんかやってる人なんだろうなとか、なんとなく、ああ好きなんだろうなとか分かるよね。

 

でもね、僕ね、一時、もうやってないけど、一時期、携帯の音楽プレーヤーでずーっと音楽聴いてんのよ。洋楽とか踊れそうな音楽ばっか聴いてる時期があって。そんで、電車乗って吊革掴まって聴いてんだけど。

友達と買い物行くときに電車乗ってて、そんで俺、片耳で聴いてたのね。そしたら友達がね、「ちょっとちょっと、何それ?」って言われて。「え?」「なんか気持ち悪いよ。カクカクしてる。やめて。ちょっと気持ち悪いからやめて」って言われたことある。無意識にすごい小っちゃく機敏に動いてたみたい。うん。

でも、それは無意識であって。でも、頭の中ではもうたぶん踊ってる自分がいるんだろうね。うん。想像してんだよ。だからね、無意識になってんだと思うよ。

だからまぁ、普段からそうだね、イメージトレーニング、トレーニングじゃない。妄想ばっかしてたね。「こういうふうに踊れるようになりたい」って思って。

練習も大事なんだけど、例えば「こういう人の踊り方になりたい」っていう人いたら、例えばその人の踊りを延々見るとか。

そうすると動いてなくても頭の中でもう完全にその動きが、頭の中で完全になるから。で、いざ動いたら意外と似てくるんだよ。うん。

だから、がむしゃらに練習するのもいいんだけど、ずーっとイメージトレーニングをしてるとだんだん近づけてくると僕は思いました。

以上、大野智でした!

 

(BGM 『I seek』)

 

 

 

カクカクして気持ち悪いってどんな動きだろう。

友達に「気持ち悪いからやめて」とか言われちゃうくらいの気持ち悪さ。

そこまで言われると気になりすぎて、かえって見てみたいのは私だけだろうか。

カクカクって何だろう・・・(笑)

 

イメージトレーニングをしてるとだんだん近づけるっていうのは、ホントそうですね。

自分がこうなりたいと思い続けてれば、それは実現するってよく言われます。で、実践してるとこ。

私の場合はダンスじゃないけど、これって何にでも当てはまるんじゃないだろうか。そう思う1月終わりである。

(もう1月終わっちゃうんだよ。早くね?こうやって歳をとっていくんだな)←禁句