たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2017/01/19

オースティンは玉子ですかね。

いや、なんとなく。

 

(玉子と王子は字が似てる)←バカな上にどうでもいい

 

 

 

おはようございます。嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

 

「ある真実を教えることよりも、いつも真実を見出すにはどうしなければならないかを教えることが問題なのだ」

 

おお。

これは、18世紀の哲学者、ジャン・ジャック・ルソーさんの言葉です。

例えば、子供や部下に質問されてすぐに答えを教えるのは簡単だけれども、その答えを導き出すための過程を考えるようにさせた方が、その人の考える力が養われるというものです。でも、その伝え方が難しい。

 

いやー、まぁ、確かにな。僕、どうだろうね?

でもね、どっちがいいんだろう?僕は1回聞きたい、まず。1回、これ確か、これはこうなるって知った上で、じゃあ本当にそうなるのかと。実践じゃないけど。で、体験したい、体感したいし。

 

でもね、なんかね、面白いのがね、昔ね、なんかよく外国の演出家の方とかって「これはどう思う?」ってよく質問された。で、日本人特有の「分かりません」って言うの。「分からないです」って。

そしたら、そこでも外国の演出家の方は「いや、何でもいいから言ってみて」と。それを聞きたいんだよ、たぶん。

そんで言うじゃん。で、別にそれに対して不正解とは言わない。「ああ、なるほど、そういう考え方もあるね。でも、これってこういうことでこういうことでもあるんだよ」って、それを聞いた上でなんかね、いろんな解釈をしてくれたことがありますね。うん。

まぁ、だから1回その人の意見を聞きたいんだろうね。僕、なんでもかんでも「分かりません」って言ったの(笑) 「分かんないから」って。うん。

1回ね、腹立ってね。すごい聞いてくるから(笑) 1回腹が立ってね。何だっけな?「じゃあ、このオースティン*1って役は、この後、家に帰って何をしたと思う?」って言われて。もうそんな質問ばっかだったわけ。

こっちもさ、今だから言うよ。イライラしてくるわけ。何回聞かせんだって。「分かりません」「何か言ってみて」って瞬間、もう喉のここまできた。1回言ってやろうと思った。「家で寿司でも食ったんじゃないですか!?」って(笑) 外人だから寿司なんて食わないだろうってところをね。

「家帰ってね、握りでも食べたんじゃないですか」って1回ね、喉のここまできた。若いから許して。あのとき24歳だから。言わなくて良かったけどね。うん。そういうときありました。

でも言ったよ。俺言った。でもね、言った。俺ね、演出家が日本を離れるとき、食事会したんだ、みんなでスタッフも交えてね。

そんで、「オースティンはアイスに例えたら何ですか?」って言われて。「何だと思う?」「分かりません」「いや、何か言って」って言われて。

言おうと思ったら「バニラだよね」って言われてね。なんだよって思って。「俺の中でチョコミントだったよ!」と思いながら(笑)

それをね、食事会のときに思い切り言ってあげましたけど。そしたら笑ってましたよ。ええ(笑)

 

なんかね、でも面白かったけどね。うん。ためになったこと山ほどあったしね。うん。だから、なんかそういう、何でもいいから言うのも大事だなと思いましたね。

そうそう、ようはそのことについて考えてほしいってことだからね。うん。試行錯誤も面白いしね。うん。まぁ、何でも試すのはいいと思いますよ。ええ。

若いときは何でもやれ!

以上、大野智でした!

 

(BGM 『愛を叫べ』)

 

 

 

すごいキレ方だな、「家で寿司でも食ったんじゃないですか!?」「俺の中でチョコミントだったよ!」って。

稽古のときに寿司言ってほしかったな。そしたら次に「何のネタを食べたと思う?」って質問されたんだろうな。そんな気がするがどうか。

 

まぁ、24歳だし。若かったので許してやろう。あと、キレ方が面白いから許す(笑)

(何故か偉そう)

そのときは嫌だったりめんどくさいことでも、後になってためになったなと思うこと、あるしね。

*1:『TRUE WEST』(2004年上演)で大野くんが演じた役名