読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2017/01/16

ARASHI DISCOVERY

結局、引っ越しだったのね。

(いろいろ頭の中で予想しちゃった自分が恥ずかしい・・・)

 

 

 

おはようございます。嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

 

「田子の浦に 打出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪はふりつつ」

百人一首の読み方を意識しながら)

 

これは、百人一首のうちの一つで奈良時代歌人山部赤人さんが詠んだ和歌です。

田子の浦、現代の駿河湾辺りに出て眺めてみると、富士山の上の方に雪が降り続いているといった内容だそうですよ。

 

横浜市のリスナー、夢見るユメちゃんから教えていただきました。メールを読みますと、

「おはようございます。

私は中学のとき、毎年学校で百人一首大会がありました。そこで九十五首読まれるうち五十六首を一人で取っちゃうほど大好きでした。

大ちゃんは百人一首の思い出ありますか?」

そんな取れる!?覚えてんのかな。ちょっとなんか神経衰弱的なものない?あれ。

なんか最初の文字をずっと、あの辺だな、あの辺だなって感じでしょ。俺、超苦手でさ。取れないんだよ。

でも、あれってさ、その辺のものを叩けば、それっぽく見えるんじゃないの?(笑) あの辺だったな、パン!ってすげー速かったら。あれ審査員とかいるのかな?あの辺ポン!叩いたら分かんないじゃん。

骨折すんの?ヒビじゃなくて?そんだけの速さがあるってことか。いや、でも、そんな骨折するくらい。いや、見てみたい。なんかね、昔なんとなく高いの映像一瞬見たことあるんだよ。すごかったの覚えてんだよね。たぶんそれレベルってことでしょ。うわー、怖いなー。

でもね、うちのおじいちゃん、おばあちゃんの家にはね、木で作られたカルタっていうか、それだったよ。うん。それで思いっ切り叩いてたの覚えてるね。

昔のはたぶんそれもあるよね。だからね、小っちゃい段ボール箱ぐらいの大きさにね、1個1個板が入ってたね。うん。

 

いや、僕もそうだね。なんか読むとさ、嵐のアルバム『Japonism』でさ、ソロ曲『暁』って歌歌ったんだけどさ、やっぱ耳に残るんだ。

最初聴いたときにさ、やっぱ耳に残ってるっての子供の時からカルタで読んでくれた、おじいちゃんおばあちゃんがいたからなんだろうね。うん。

だから、すごいね、『暁』という歌はね、日本人の耳に残るんじゃないですかね。うん。和の感じがすごい非常に出ててね。

いや、でもね、最近、和づいてるなと思いますよ。一昨年ぐらいから和づいてるね。確かにこのアルバムのソロ曲やったり。

去年に関してはね、和のね、『Japonismアリーナツアー』やったり。あと『忍びの国』という映画で忍者のね、役やったりしましたからね。結構そうですよ。

でね、あっ、そうよ。今年公開になるよ。ええ。まだ1月だから公開はまだ半年先ですけどね。ええ。是非ね、7月1日公開されます。皆さん是非見に来てください!

以上、大野智でした!

 

(BGM 『暁』)

 

 

 

『暁』といえば、一昨年の暮れ。

家族で出掛けたとき、車の中で『Japonism』流してたのね。ちょうど『暁』で旦那が「これ誰の歌?」って聞いてきて。

大野くんのソロだと教えたら、「ふーん」と。あまりにも和な曲だったから気になったみたい。

 

関係ないけど、すんごい前に『明日に向かって』流してたら、旦那が「なんだよ、このアイドルみたいな歌は」って。

嵐さんはアイドルだから!!芸人じゃないはず。たぶん。

(たぶんって何)

 

話はさらに変わりますが、2017/01/12のレポ

 

で、「いろいろあってホテルとってる」って言うのを聞いて、今夜の『しやがれ』で大発表と何か関係があるのか!?と思ったのよ。

なんだか引っ掛かるなー。まぁ、関係なくても別にいいや(なんじゃそりゃ)

ARASHI DISCOVERY・2017/01/12 - たわごとマシンガン

 

 って書きました。

結局、発表は「土曜9時にお引っ越し」でしたね。

個人的に、次の日は仕事なので1時間早くなって助かります。ありがとう。

わたしゃてっきり、2とか4のつく黄色いTシャツの番組に出るのかと思ったよ。

今年、まだ発表ないしね。今年は誰なんだろうか。

 

あとは・・・なんかが出てるようで。実現したら嬉しいですね。

新しい仕事が発表されるとビックリするし、内容によっては不安になることもある。

あまりネガティブになると、楽しくなくなっちゃうからな。それはやだ(キッパリ)

楽しい気持ちで待ち続けたいと思うんだわ。楽しむためにファンやってんだしさ。

 

 

 

★本日の関連商品

普段、大野くんがやるドラマや映画の原作は前もって読んだり見たりしないのだけど*1、『忍びの国』読んでみようかなと考え中。

忍びの国 (新潮文庫)

忍びの国 (新潮文庫)

 

 

*1:『怪物くん』除く。子供の頃、アニメ見たので。