読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/12/27

ものまねされるのはスターの証。

 

 

 

 おはようございます。嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

 

「頭にいろんな情報をインプットした後に歩くと、頭が揺さぶられることで何かの答えがアウトプットされる」

 

これは、日本の経済学者、野口悠紀雄さんの言葉です。

 

確かに何かを生み出そうとするときは歩き回ったりします。ワタクシしますね。

まぁ、何か振り付け考えてるときって、やっぱ歩いてるもんね。なんだかんだたまに。うん。

もうちょっと動いて、ちょっと動いて、「あー、分かんないなー」とか、なんか歩いてる。グルグル回ってる。

昔なんかローラースケートが目の前にあったから、それ履いてグルグル回ってたもんね。それって頭揺さぶられてんのかな(笑)

 

まぁ、でもね、ちょっとここでね、歩くといえばですね、先日僕が「人の歩き方が気になる」とかいう話をしましたけど、それに対して、ちょっとメールが来てるんで読みますね。

ハナちゃんから。

「大ちゃん、おはようございます。

私も中学生のときに塾で先生を教室で待っているときとか、足音だけで誰が通ったか分かるくらい観察してました。

家族の歩き方もわざと真似して驚かせたりするのもとっても好きです。

そして私は松岡(昌宏)くんの歩き方がたまらなく好きです」

僕も好きですわ。特徴的だよ、もう大股開きで。でもね、なんだろう、格好いいんだよね。うん。やっぱ歩き方、人それぞれみんな違うっちゃ違うからね。うん。

でもね、人それぞれ癖があってね。足だけじゃなくて手もね、ブラブラしてる人もいればちょっと上げてる人もいるんだよね。

雑誌の取材現場でカメラマンさんとかがセットチェンジある中でカメラマンさんの方も手伝ったりするときとかあるんだけど、そのときにたまに歩いたりするときに思うね。「なんかのってるな」みたいな。その(笑)、リズムを作ってるな、自分で。

やっぱカメラマンさんの方も自分のリズムで写真ももちろん撮りたいだろうし、自分を上げてるのが分かるんだけど、その歩き方とか仕草とかがすごい見ててある意味気持ちいいんだよね。真似したくなる。

もちろんね、踊りもそうじゃない。人それぞれ癖があってっていうのもそうだから。だから、何か動くとみんなそれぞれ癖が、いい特徴が出るんだなと思いましたけどね。うん。

 

そんな中だから、僕は自分の真似をされたことがあまりないから、動きで。でも、コロッケさんに真似されたときは嬉しかったね。声とかじゃないんだけどね。表情とかだったんだけど。

でも、真似されるっていいことだと昔、東山(紀之)さんが言ってた。「そんだけ個性的で特徴があるってことだからな」。だから、すごい、確かに。そうやって置き換えるとそうだなって。

真似されてね、ちょっと嫌な気分になる可能性もあるじゃない。でも、真似されるってことは特徴的で、そういうふうに見えて真似したくなるってことだから、いいことなんだよね。うん。

だから皆さんも別に真似されることはバカにされてることじゃないんです。

以上、大野智でした!

 

(BGM 『I seek』)

 

 

 

私はものまね番組見るのが好きなんだけど、なかなか嵐さんのものまねってないのよね。

コロッケさんがものまねしたとき、嬉しかったな。

そういえばちと前に嵐さんのものまねしてる人がいたような。あれも嬉しかった。

 

あ、そうだ。嵐さんのものまねといえば、やや嵐

賛否両論あるでしょうが、私は好きでしたね。面白かったもん。

 

 

 

★本日の思い出リンク

tawagoto3104.hateblo.jp


tawagoto3104.hateblo.jp

 

tawagoto3104.hateblo.jp