読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/11/30

ターミネーター2』、 床の下から出てきたのビックリした。

 

 

 

おはようございます。嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

 

「Children have never been very good at listening to their elders, but they have never failed to imitate them.」

 

(読み終えて大笑い)

英語です、これは。

これは、アメリカの作家、ジェームズ・ボールドウィンさんの言葉です。

日本語に訳すと「子供達は年長者の言うことを聞くのはあまり得意ではないが、年長者の真似をするのは得意である」となります。

 

おお、なるほどね。

いや、でも子供って真似するよね。うん。僕も真似っ子だったよ。父ちゃんの歩き方とか真似したり。歩き方の真似するの、よくしてたね。

なんか動きのものまねばっかしてたかも。うん。バドミントン部だったけど、先輩の歩き方の真似してたり。なんか異様に格好良かったり、見えたの。だから、なんかその歩き方、一時期してみたり。うん。

 

俺、だって1回『ターミネーター2*1がもうホントに流行ったというか。僕、そのとき小学校4年生だったんだよ。

まぁ、結構賑やかになったでしょ、あのとき。僕も見て。そんで、『ターミネーター2』のターミネーターってもう無表情で淡々と歩くじゃない。それが不気味だったじゃない。そのときに僕、文房具店に入ってターミネーターの真似して。

サングラスはかけてないけど、子供心にターミネーターの真似して入ってってさ。ただ単に入っていったの。買うことないんだよ。

「いらっしゃいませ。何か探してるの?」みたいに言われて。その店の人の顔、一瞬見て、そのままターミネーターみたいに出て行ったことある。

そんで、子供ながらに「あの人、俺のこと怖くなってたんじゃねえか」って思ってたぐらいバカだったよね(笑)

 

なんかね、歩き方の真似とかやっぱ多いかな。歩き方っていうか、僕、がに股だから、絶対にできない人の歩き方っていうのは分かるんだよ、なんか。

あの歩き方できないな。でもちょっと悔しいんだよ。なんか足の構造上じゃないけど、できないんだなーとかさ。

でも、あの人の歩き方なんかいいんだよなーとか思うときあるもんね。なんかすごいウキウキしてる歩き方してるなとかさ。

結構僕ね、人の歩き方見てるかも。結構特徴的よ。いろんな人の見てると。歩き方ってそうでしょ。歩き方って人それぞれたぶん自分にしか持ってないぐらいの歩き方なんだよ。

みんな歩いてるだけじゃんと思うかもしれないけど、よーく見たら1人1人全然違うからね。うん。だから意外と特徴的で、その人が見えたりもするよ。うん。

今度皆さん、気にして街歩いて見ててください。結構面白いですよ。

ちなみに僕の歩き方、だるそうにがに股にね、だらしないときはだらしないです。

以上、大野智でした!(笑)

 

(BGM 『Bad boy』)

 

 

 

子供の頃、ターミネーターになりきって云々の話は前にもしてたので、それについての感想はリンク先を見ていただくとして。

(『本日の関連リンク』からどうぞ)

 

ええと、歩き方でその人が見えたりするっていうのが、なんか仙人だと思いました(笑)

そこまで言うのは、いろんな人の歩き方を見てきたからなんだろうな。

で、大野君の場合、歩き方を見てるうちに、その人に合う靴が分かるようになるとか、そういうレベルに到達しそうな気がするんだよな。

更にその人に合う靴を作るようになっちゃうとかね。

 

 

 

話は違いますが、昨日の『ベストアーティスト』の感想をちょこっと。

ドラマメドレー、嵐さんよりも後ろのスクリーン(ドラマの名場面集)が気になってしょうがなかったです。嵐さん見てなかった(笑)←おい

 

 

やっぱりね、ドラマのBlu-ray買うべきだと思いました。ええ。買ってないもので。

いずれ手に入れよう。うん。

 

あと、トリの嵐さんの衣装が学校の先生みたいで、それが気になってしょうがなかった(笑)

職員室にいたよな、ああいう服着た先生。タバコふかしてさ。

 (今は学校内は禁煙だけど、昔は職員室でタバコ吸ってる先生結構いたな)

 

 

 

 ★本日の関連リンク

ちょうど1年前、ターミネーターの真似して文房具店に行った話をしてたので。

tawagoto3104.hateblo.jp

 

 

*1:1991年公開